続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一見さん”映画ノルウェイの森を観て”お断り

あけましておめでとうございます、ばんじょーです。昨年はみなさまにはお世話になりました。
遅筆でほんとにすみませんが、今年もどうかよろしくお願い申し上げます。


先日の友達同士の会話。題して「二人伝言ゲーム」。

友達O「広末って、妊娠十六週なんだってね」
バニラ氏「えっ、広末って妊娠中毒症なの?」
友達O「えっ、広末って妊娠中毒症だったの?」

十六週と中毒症って似てるなってそのとき思いました。
「108 1600」を早口で言うと「竜巻旋風脚」に聞こえるのと同じ感じだね。
…両方とも古いネタですみません。


さて、今日は映画の話でも。
先日嫁が映画版「ノルウェイの森」を一人で観に行きました(嫁はノルウェイの森は読んだことない)。
後で話を聞いたら、「みどりがやたらと動き回っていらいらした」
「二十歳の役と、実際の役者の年齢のギャップが気になって仕方なかった」
が主な感想だったとのこと。内容についての感想は推して知るべしとのことでした。

ふ~む、嫁にそこまで言わせる駄作なら、僕もこのブログで「ノルウェイの森はとんだダメ映画だった」とこき下ろしてやろうかと思って観に行って来たわけですよ、映画館に。

…いや、思ったより良い映画でした。原作の雰囲気を映像化したら、まさにああいう感じだろうと思いました。登場人物の服装や建物の作りなどの昭和のレトロな雰囲気とか、療養所の幻想的な風景とか。
会話の流れや話の展開は相当はしょっているのですが、原作を読んでいて脳内補完できれば感動できる映画だと思います(ちなみに自分は原作を3回以上読んでます)。
逆に、原作を知らずに映画をいきなり観た場合は、あまりのストーリーのはしょりっぷりに「なんじゃこりゃ」的な展開になるんじゃないでしょうか。
まぁ、あれだけ原作の雰囲気を表現するのに力を注いだところをみると、トラン・アン・ユン監督は観客層を原作を読んだことある人に絞って、意図的にストーリーをカットして雰囲気に力点を置いたんじゃないかなと思います。あくまで推測ですが。

さて、ノルウェイの森の原作を読んで思ったのは(あくまで個人的な解釈ですが)、あのストーリーの主題のひとつは社会への適応ってことなんだろうな、と思います。
僕の尊敬する精神科医が「村上春樹の作品は神経症的で、村上龍の作品は精神病的だ」と言ってたのですが、僕も春樹作品の登場人物は適応障害をかかえてる人間が多いように感じます。登場人物の多くが世の中での生きづらさ的なものを抱えていて、みんながやっていることに上手く溶け込めなくて悩んだり、あるいは他人と一定の距離をとることで自分を守ろうとしてるというか。

ノルウェイの森の最初の方で、60年代安保の学生運動の場面が出てきましたが、ワタナベ君はそういう政治活動に参加していませんでした。
参加している学生は、その時は社会を変革しようと活動していて、周りの人にも「なんで政治に無関心なんだ、一緒に社会を変えよう」と迫ったりするわけですが、大半の学生は大学を卒業すると何事もなかったかのように企業に就職し、変革しようとした社会に適応し、卒業しても革命家として活動している人間を”いつまでもそんなことをやってるなんて”と冷たい目を向けるようになるわけです。
そういった、自分の信念で行動しているというより、流行しているかそれに乗っかって行動する、ということにワタナベ君は興味が持てずシニカルな目を向けてしまうんだと思います(さらに、周りと一緒に行動をとれない自分をそうであるものと諦観しながら、そういう自分でも社会で大人として生きていける道がないかと、時折苦痛を感じながらも模索している。そういう人間なんだと思います)。

大半の人たちは”周りの人たちがやってるから大学に入り、政治活動をして、就職をする”と、今まで自分がやってきたことにある程度見切りをつけ、周りに合わせるために自分の生き方をある程度曲げることができます。でも、中にはそうできない人種もいます。そうやって社会に出るために自分の生き方を曲げることに大きな苦痛を感じ、自分が全否定されたように感じてしまうのでしょう。
そうして社会に出ることが”成熟した大人になる”ということなら、成熟することに背を向けてしまうかも知れません。それがキズキであり、直子なんだと思います。

きずきは17歳で大人になることを拒絶し死ぬことを選びました。
直子が「19歳と18歳をいったりきたり出来ればいいのにね」と言ったことも、成熟の象徴としての性交を身体が拒絶していることも、おそらく社会に出るということを含め大人になることに抵抗していたのでしょう。
その反対側にみどりがいます。彼女は映画では語られてないけど、若くして母を亡くし、病気で植物人間になった父を大学生になってから周りの助けをあまり得ることなく看病し続けている。そうやってつらいことがたくさんあっても、つらいことの中から少しずつ楽しいことを見つけて生きていこうと思っている人間です。大人になるってことが、自分の思うとおりに全てがいかなくても、どこかで折り合いをつけて生きていくってことだとしたら、みどりはまさに大人になる覚悟を持っているんじゃないでしょうか。
その2人の間で揺れるワタナベ君は、恋愛対象として直子からみどりにだんだん魅かれるようになっていったというだけでなく、成熟することを選ぶという、彼の人生に対するスタンスを問われていたんだと思います。

ちなみに、自分の殻を破って他人とコミュニケーションをとろうという意味での性行為も、一種の大人になるための儀式だと言えるでしょう。それは大切な儀式であり、正しいやり方でなければお互いが傷つき、成熟することに対して拒否反応を起こす原因になりかねません。そういう視点で直子との性行為や音楽の先生との性行為、そして音楽の先生と教え子のレズ行為(これは映画ではカットされていますが)の描写をみてみると興味深いのではないのでしょうか。

僕は上記のような”ノルウェイの森解釈”をしているわけですが、それは行間から感じたことで、さすがに2時間ちょっとの映画では行間に流れる思想的なものまで映像化はできないよなぁ、と思います。そういう意味で、小説を読んでいる人には、小説の行間から感じたことを映画を観ているときに脳内補完して楽しめるのだろうけど、未読の人にとってみれば話が省略されてる上に行間も分からないから”なんか脈絡なく主人公が女とセックスしたり、恋人が死んだりする映画”と感じてしまうんじゃないかと危惧してしまうのです。この映画は、まず原作を読んで興味が持てるなら映画を観るというのが正しい観方だと思います。そうしないとむしろノルウェイの森に対する拒否反応が出てしまう気がします(嫁がそんな感じ)。

ハルキストの僕としては、もっと観ていたい映画でしたね。前後編2時間ずつとかでもよかったかなぁ。

ではではまた。
  1. 2011/01/01(土) 07:39:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝手にトルコの画像をうpしてみるスレ

ばんじょーです、こんばんは。スレと書いてあるけどスレッドは立っていません。なんとなく語感がいいからそういうタイトルにしてしまっただけですすみません。まさにスレ違いです。

先日嫁と1週間ほど、夏休みを使ってトルコ旅行に行ってまいりました。
以前より海外に一度は旅行してみようと嫁と話をしていたのですが、『訪れた先は猫の国でした』というスレッドを見て、そのトルコの雰囲気にすっかり魅せられてしまって以来、トルコに行きたいと思ってしまったわけなんですね。嫁が猫好きで、僕がそこそこ猫好きというのもあったわけですが。

ちなみに、トルコの話をするたびに、「なんでトルコにしたの?」って周囲の人間に聞かれるわけなのですが、「あるスレッドを見て…」なんて言っても説明しきれないので、最近は「歴史のある都市で、モスク(昔の宮殿。今はイスラムの寺院として使われているものもある)巡りをしたかったから」と答えるようにしています。多分僕は周囲の人間に「寺院大好き人間」と思われているんじゃないでしょうか。アッラ~。

スケジュールはこんな感じでした。
初日にトルコ航空で日本→イスタンブール(アタチュルク空港)→カッパドキア(カイセリ空港)
1日目はカッパドキア観光ツアー。カイマクル地下都市→ ギョレメ野外博物館→AVANOSの陶器工房→チャウシンという町で夕食
2日目は気球ツアー。朝一番に気球に乗ってカッパドキアを上空から眺望。
その日のうちにカイセリ空港へ行き、アタチュルク空港へと移動。
3日目は午前中に旧市街見学ツアー。午前中にトプカプ宮殿→ブルーモスク→グランドバザール見学。
午後は新市街(イスティクラル通り)のウィンドゥショッピング→ガラタ塔に登り展望→ガラタ橋たもとでサンド食事→市内便の船に乗ってアジアサイドと旧市街を往復(夜景目的)
4日目も旧市街見学ツアー。地下宮殿→エジプシャンバザール→アヤソフィア宮殿見学。
その日の夕方にアタチュルク空港に移動し、トルコ航空で日本へ。

ずいぶん前置きが長くなってしまいましたが、撮った写真をなんとなく並べていこうと思います。

カッパドキアの猫。人を見ても逃げません。
RIMG0059_convert_20101003012232.jpg

カッパドキアツアー帰りにホテルの部屋の前にいた猫。すりすりしてきたところを激写。
RIMG0177_convert_20101003012537.jpg

チャウシンで見つけた猫。この後食事のときに屋内に入ってきて、ひたすら足元で餌をねだってきました。
RIMG0132_convert_20101003013434.jpg

カッパドキアには、自然にできた岩山をくり抜いた住居跡がいたるところにあります。他にキノコ型の岩もたくさん見られます。
RIMG0355_convert_20101003014331.jpg

イスタンブールのトプカピ宮殿前の公園にて。3匹の猫のいる風景です。
RIMG0469_convert_20101003014726.jpg

公園の木の下でたたずむ猫。
RIMG0472_convert_20101003015444.jpg

目の前に見えるのがブルーモスク(多分)。異国情緒あふれてます。
RIMG0517_convert_20101003015745.jpg

でもスターバックスの内装は日本と同じみたい。
RIMG0580_convert_20101003015821.jpg

イスティクラル通りにて。日本で言うと渋谷のセンター街でしょうか。ノラっぽいけど、よくなついてます。
RIMG0589_convert_20101003020347.jpg

同じくイスティクラル通りにて。
RIMG0605_convert_20101003020809.jpg


ケバブの余りを狙う猫をそれを撮影しようとする嫁の図。
RIMG0610_convert_20101003021209.jpg

イスティクラル通りの某寺院の前にいた猫たち。
RIMG0610_convert_20101003021209.jpg

旧市街の大通りで見かけた猫。カメラを向けると何故か前足を上げます。
RIMG0715_convert_20101021000342.jpg

同じく旧市街大通りでたむろしていた猫。まったく逃げるそぶりが見られません。
RIMG0748_convert_20101021000808.jpg

ハマム(トルコの公衆浴場。いわゆるトルコ風呂)に置いてあった衝撃的なパンフレット。なぜこの写真なのか、なぜスモークをわざわざかけてるのか、など、疑念はつきません。これを見てハマムに入るのを躊躇してしまいました。
RIMG0857_convert_20101021002427.jpg


旧市街から東アジアサイドへ向かう定期船のマスコットキャラクター?ポケモンゲット…っていうよりはむしろ女神転生あたりに出てくる魔物みたいです。
RIMG0691_convert_20101021001655.jpg


以上で終了です。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。トルコ、とても楽しい国でした。また行きたいですね。
  1. 2010/10/03(日) 01:28:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

医療マンガを斬る・その3 『Dr.コトー診療所』って、実はミステリー漫画じゃないんだろうか?

ばんじょーです、こんばんは。

今日は朝まで当直でお見送りをした後、嫁と近くのイオン映画館で『借り暮らしのアリエッティ』を鑑賞。アリエッティ、かなりいいですね。最近公開された『トイ・ストーリー3』といい、ここ最近のアニメ映画はかなり見応えがありますね。前2者は本当にお勧めです。

映画を観る前にばったり友人と遭遇したので一緒に食事。同業の友人なのですが、仕事を頑張ってる同期の話は励みになりますね。また話を聞かせてください。


さて、唐突に「医療マンガを斬る」シリーズを始めました。斬るほどの医療知識も持ち合わせてないのですが、なんとなくノリで書いてみようかと思います。


ちょっと前のお話。友達で研修医のバニラ氏が、祖母にやたらと『Dr.コトー診療所』を読むよう勧められたそうで。
「“すごい面白い漫画があるんだけど、読んでみない?”って言ってきたんだけど、“あなたもDr.コトーみたいなお医者さんになりなさいよ”って意図がひしひしと伝わってきたから、ひたすら話をそらそうとがんばったよ」
結局、ひたすらにバニラ氏に『Dr.コトー』を読ませようとするタカ派の祖母と、ひたすらに話をそらそうとするハト派のバニラ氏との間に歩み寄りはなく、その場に居合わせた叔母さんが間に入る形で決着をみたそうです。

確かに、Dr.コトーみたいに“何でも一人で出来るスーパー外科医”は、患者さんにとって理想的な医師なんでしょうね。

大半の方はご存知かとは思いますが、念のため『Dr.コトー診療所』がどういう漫画かについて紹介すると、「無医村かつ孤島である古志木村に主人公Dr.コトーが赴任して以来、続出する重症患者たち。この村にいったい何が…?」というミステリー漫画です。

あれ、なんだか『ひぐらし』だか『うみねこのなく頃に』みたいなストーリー紹介になってしまいました。失礼失礼。

説明しなおすと、『Dr.コトー診療所』は「なぜか重症患者が続出するようになった無医村かつ孤島である古志木村にたまたま赴任することになった主人公Dr.コトーが、天才的外科技術で疾患をことごとく治療していく過程で村人たちとの信頼関係を築いていくヒューマンドラマ」です。

ちなみに、重症患者が続出と書きましたが、どんな疾患の患者さんが出てきたのか、1~5巻まで見直してみました。
1巻:虫垂炎(漁船の上でオペ)、腹部大動脈瘤、早産児(週数・体重不明。肺形成が十分でないとのコメントあり)の帝王切開術
2巻:肺損傷、急性硬膜外血腫
3巻:外傷性心タンポナーデ(エコーなしで心嚢穿刺)、右上腕切断後の接合手術
4巻:胃癌(スキルス)、エキノコックス感染症
5巻:膵臓癌オペ、骨盤位経腟分娩、集団食中毒(カンピロバクター)、急性心筋梗塞(おそらく#7の90%狭窄、その後前下行枝に対して、内胸動脈グラフトを用いてのバイパス術を施行)

ざっとみて中等症~重症の症例が10件弱、でしょうか。
古志木村は1000人くらいの住民が住んでいるとのことですが、1~5巻までの期間を半年~1年くらいと仮定したら、中等症~重症患者の件数としてはありえなくもない件数でしょうか。ただ、小児と若年男女の重症例が多い気がするので、そこが感覚的に違和感を覚えるところでしょうか。きっと古志木村の若年者はみな大殺界の真っ最中なのでしょう。

外科系の疾患についてはそれほど詳しくないのですが、虫垂炎は消化器外科、大動脈瘤オペと冠動脈バイパス術は心臓血管外科、帝王切開術と骨盤位分娩は産婦人科、右上肢切断は整形外科、急性硬膜外血腫は脳外科、肺損傷は呼吸器外科の医師がそれぞれ治療する疾患だと思われます。また、産婦人科に関して言えば、たとえ産婦人科専門医であっても、合併症や出産後の管理を考えると、早産児の出産や骨盤位胎児を経腟分娩はかなり躊躇するであろうケースです(産婦人科ローテートの生半可な知識をもとにコメントするならば、早産の場合は子宮収縮抑制薬の投与でなるべく正期産にしようとするし、うちの病院ではかなりの割合で骨盤位の場合に帝王切開を施行してました)。

これらの疾患を一人で治療するとは、Dr.コトーは一体何科の医師で、どんな修行をしてきたのか?そこを想像するのも、ミステリー漫画としての『Dr.コトー』の楽しみ方の一つだと思います(え?)。

いずれにせよ、こんなHyperドクターと比較されては、細々と生きている僕のようなHypo研修医は立つ瀬がないわけで。バニラ氏もそんな“スーパードクター症候群”(ばんじょー造語。市井の人たちがスーパードクターを求め、普通の医師に過剰な期待をするケースの総称)の犠牲者だと思われるわけですが、バニラ氏と僕は、一体どうすればスーパードクター症候群に歯止めをかけられるか(というか自分たちがその犠牲者にならないで済むか)について、仕事そっちのけで(え?)激烈な議論を交し合ったわけなのです。

その続きは次回にでも。ではまた~。
  1. 2010/07/19(月) 22:56:15|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

とりあえず、お疲れ ~産婦人科研修期~

某巨大掲示板からの引用です。

『皆さんは、現在、テレビ東京でプロ野球解説者をしている元横浜ベイスターズのV戦士、駒田●広選手をご存知でしょうか?元々巨人軍に在籍していて、顔が長いことから「ウマ」などと呼ばれていた選手です。

駒田選手は結婚して2ヶ月で離婚しています。2ヶ月。スピード離婚もいい所です。
元々 この結婚はできちゃった結婚でした。入籍した時、奥さんは既にお腹が相当大きかったそうです。
2ヵ月後。奥さんに陣痛が!駒田は一緒に病院に行きました。分娩室の中で、奥さんの手を握り、一緒に出産を乗り越えようと頑張る駒田。

オギャー!オギャー!   

??

分娩室の中は異様な空気だったそうです。なぜか・・・。それは、 赤ちゃんの肌の色が、黒かったんだって・・・。

助産婦さんも駒田におめでとうございますとは言えなかったそうです。
駒田は呆然としながら奥さんに言ったそうです。

「とりあえず、お疲れ。」 』



おくりばんと


ばんじょーです、こんばんは。 いきなりの引用、駒田選手のファンの方にはすみません。ネットの文章なので真偽のほどは不明なのですが、さすがにこんな状況では分娩室の空気も異様になってもやむをえない気がします。しかも画像は川相昌弘選手のものですね。ダブルですみません。

さて、自分は先月まで初期研修で1ヶ月ほど産婦人科をローテートしていました。夜中の4時に叩き起こされて分娩に立ち合ったり、遷延分娩になった母に会陰正中側切開を入れさせてもらったり、産後の大出血を見てマスクの下で顔を青くしてたり、いろいろと思い出深い一ヶ月でした。あの頸管裂傷の大量出血の患者さん、死ななくてよかった…。
産婦人科を回ると、「母は偉大だ」とつくづく思います。
ちなみに今は外科にいます。朝7時から夜10~12時までの勤務、土日なし(運がいいと半日で帰れる)。休みは月に2日。そのうちの貴重な1日をブログ作成に費やしてるあたり、何かが壊れてる気がします。


さて、せっかく産婦人科を回ったので、巷でよくみかける質問に答えてみようかと思います。たかだか1ヶ月の研修なもんで、反論は多々受けそうですがご海容のほどを。

①産婦人科医は女性器ばかり見る仕事だけど、いやらしい気持ちになったりしない?
自分も1ヶ月の間にかなり診察させてもらったのですが、そういう気持ちにはほぼならなかったと思います。そもそも、女性器を見て女性を口説くって習慣は、たいていの男性にはない気がするんですよね。それに、診察台にはカーテンがかかっていて、基本的に患者さんの顔が見えないようになっていますしね。
まぁ、誤診したら自分の首が飛ぶ可能性もあると思うと真剣に診察しなければならないし、基本的にとんでもなく忙しいので、いやらしい気持ちになる余裕なんてないんじゃないでしょうか。だから検診に来る女性の方々は、それほど心配しなくていいのではないかと思います。



②女の産婦人科医がもっと増えて欲しいんだけど、なんで男が多いの?
2004年の産婦人科学会会員報告では、男12377人に対して、女3514人だそうですね。そして、20代産婦人科医師の7割が女性なのだそうです。ただ、出産を期に女性が産婦人科から離脱する割合は、妻の出産を期に離脱する男性の2倍で、さらに出産後も産婦人科を続ける女医さんが分娩を取り上げる件数は、未出産の女医さんと比べて約1/2になるそうです。
(ソース:「産婦人科医師不足の背景と現状横浜市立大学病院産婦人科Dr.のシンポジウム資料。PDFで開きます)
産婦人科は基本的に、帝王切開・子宮筋腫切除、卵巣・子宮体頸癌などの手術を取り扱う外科系の科ですので、体力勝負なところがあります。また、お産を含め、緊急手術による時間外・夜間の呼び出しを覚悟しなければならない科でもあります。例えば出産後の女医さんが、自分の子供が40度の熱を出して寝込んでいるときに、真夜中のお産の呼び出しを優先させなければならない状況があったとすると、そりゃ分娩取り扱い件数も減っても仕方ないのかな、と思います。ただ、産婦人科の女医さんは増えつつあるようなので、出産後の女医さんのサポート体制を医療側がどう整えるかが、今後の出産後の産婦人科女医の確保に重要な影響を及ぼすように思います。
いずれにせよ、産婦人科って、ほんとうにハードな仕事だと思いますよ。

稚拙な意見、失礼いたしました。ではまたごきげんよう。

おまけ現役産婦人科医に聞きたいことあるやつなんか書いてけ
書き方をみると産婦人科経験年数の高い方が答えてるのでしょうか。参考になります。
  1. 2010/05/30(日) 13:45:32|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

すっかり春ですね

ばんじょーです、こんばんは。
久しぶりの更新となりました。今まで見に来てくださった皆様、本当にすみませんです。
これからも見に来たことを後悔するようなくだらないブログを書き流していこうと思います(え?)。


さて、かつて研修医控え室で『デトロイト・メタル・シティ』が流行っていた頃、女性のオーベン(指導医)から電話がかかってきたとき、「地獄の女帝からテレフォンだ。待つがよい」と言うのがトレンドでした。

もちろん、その後オーベンの元に走っていき、息切らせながら「お待たせいたしました先生!!」と媚へつらうのが研修医の正しい?あり方です。

DMC3_convert_20100419003531.jpg
DMC4_convert_20100419003338.jpg

(『デトロイト・メタル・シティ』1巻より。主人公が女の子をホテルに連れ込んでいけないことをしようとしたそのときに、お母さんから電話がかかってきたという場面です。)


…という記事を3ヶ月前に書こうとしてはや3ヶ月。いまや自分も研修先の病院が変わり、地獄の女帝から電話が来るたびに笑いあってた仲間とも離れ離れになってしまいました。仕事ってそういうもんだと思いつつも、少し寂しい気分ですね。


今は県の南の方の病院で研修医2年目をやっています。現在産婦人科研修中。
今の病院には医学部時代からの親しい友達が何人かいて、楽しく研修しています。

先日の研修医室での研修医同士の話。

バニラ氏「今日、やたら風が強くない?」
ばんじょー「そうだね、こんだけ強いとパンティがめくれそうだよね」
バニラ氏「いや、(スカートはめくれても)パンティはめくれないんじゃないか?」
ばんじょー「…むしろパンティがめくれるといいよね」

研修先が変わっても頭の中はほとんど変わっていないばんじょーでした。すっかり春ですね(頭の中も)。
ではまた。
  1. 2010/04/19(月) 01:32:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。