続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

研修医の日々の徒然

GWが近くなってうきうき気分のばんじょーです、こんばんは。GWにフルに休めるわけではないのが悲しいところですが、それでも休みが近いと気持ちが高揚してくるってもんです。

先日のめざましTVで『大半の企業で給料据え置き』ってニュースが流れてたので、「4月分の給料据え置きはうちの病院だけじゃないんだな」って思ってちょっと安心してたら、4月分の給与の増額はしないって意味であって、うちの病院みたいに4月分の給与が払われないって意味ではありませんでした。

うちの病院、4月分の給与が5月の半ばに払われるんですよ。つまり、初任給は5月の中旬。医療系は景気悪化の影響を受けにくい業種だと思うのですが、それにも関わらずなぜか自分の財布が金融危機に陥ってます。(4月分が払われないって意味で)給与据え置きなのはうちだけなんだなって思ってちょっと悲しくなったある日の朝でした。

ちなみにその日のめざましTVの占いはこんなんでした。
「12位おとめ座。浮気に注意。隠し事がバレて大変なことに」
それを一緒に見ていた妻の、僕(おとめ座)に対する目線が、それはもうすっごい冷ややかでした。別に浮気はしてないんですが…。そりゃHな動画はちょっと隠れて見たり…ごにょごにょ。
いきなり朝から12位な感じだったんですが、いくらなんでもこんな占いの当たり方はあんまりだと思います。妻子持ちのおとめ座の男性の大半は、その日きっと不幸だったんじゃないでしょうか。


さて、話は変わって、ある日の研修室での会話。

同期のT先生が小児科を回ったときの話で、いまどきの女の子っぽい名前の患者さんだったので年齢を見ずに「○○ちゃ~ん、どうぞ~」って診察室の中から患者さんに声をかけたら、70歳くらいのおばあちゃんが恥ずかしそうに入って来たんだそうだ。
T先生曰く「やっちまった~」とのこと。

大学の小児科って先天性疾患の患者さんも診るから、carry over(疾患が治癒することなく年を重ねること…って意味で使われてると思う)の患者さんも結構いるらしいんだよね。

でも、最近は年齢どころか日本語かどうかも分からない名前が増えてきてるみたいで。
例えば「天使」と書いて「みかえる」と読ませたり、「獅人」と書いて「レオト」と読ませる子がいるらしい。

「子供の名前に和源(わーげん)、天使(みかえる)…とりかえしのつかない一歩を踏み出さないために」より

その子たちが物心ついたとき、気の毒な思いをしたりとか、いじめられたりしなければいいんだけど。
ちなみに、僕が聞いた話だと「腸」と書いて「ひろし」と読ませる子供がいるんだそうだ。多分「陽」と書きたいところを間違えて「腸」と書いてしまったんじゃないかと思うんだけど…。

その話を研修室でしたところ、腸は英語で「colon」だから、海外なら「コロンちゃん」で通せるんじゃないか、という意見が。コロンちゃんにするとかわいく聞こえるかも、って思ったけど根本的な解決になってないですねすみません。

参考:DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)

ということで、明日も仕事なのでこの辺で。


PS 草なぎ剛が公然猥褻でつかまったというニュースを聞いた指導医の一人が、僕に
「ばんじょー君、ストレスがたまっても、草なぎ君みたいにぬいじゃだめだよ」
って言ってきたので、
「草なぎ君のケースを見てると、脱いでも世間は温かい目で見てくれるみたいですよ」
って返したら
「世間はともかく、うちの教授はばんじょー君には厳しいんじゃないかなぁ」
というつれない切り返しが。
まぁ、君なら脱いでも大丈夫だよ、って返されても困るわけですが。

ということで(?)、個人的に面白かった草なぎ君スレッドをリンク貼っておきます。

堂本剛と草なぎ剛の違い

キンキなのが堂本剛、禁忌なのが草なぎ剛
禁忌って聞くと反応してしまうのは、国試からまだ間がないからでしょうか。

草薙の剣、植草の鏡、田代の勾玉

草なぎの代わりに言い訳を考えてやる→青いイナズマにせめられて服も焼きつくされました
うまいですね。
  1. 2009/05/01(金) 01:27:34|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンネルを抜けたらそこはやっぱり病棟でした

こんばんは、ばんじょーです。

点滴のルート(専門用語でサーフローといいます)刺入を失敗し続けてはや1週間。うつ気味な日々を送るあまりブログを更新できなかったのですが、最近ようやくトンネルの先に光明が見えてきたのでブログを書くことにします。うつ気味じゃなくてもブログを更新してないことが多々あるという指摘はこの際受け流すことにしましょう。

現在僕は某病院の神経内科で研修しています。大学時代の師匠のDr.K先生を始め、面倒見のいい指導医のみなさんに教わりつつ、のびのびと研修しています。昔よく出入りしていた科で人間関係もある程度わかっているのも研修を始める上でかなりプラスになってると思います。指導医の先生方へ、本当にありがとうございます。

のびのびなのにうつ気味になってるのはどういうことだ、って聞かれそうだけど、多分この科でなければ、僕は今よりさらに落ち込んでたことでしょう。現行の”新臨床研修制度”における研修医のドロップアウト率って、5-10%らしいですよ。そりゃ、手技を失敗して患者さんに責められる上に、研修科が数ヶ月おきに変わるたびに新しい上級医師との人間関係に気をもまなきゃいけないとなれば、そのストレスのあまり、ちょっとの手技の失敗で負った心の傷が研修医に絶望感を与えてしまうことだって十分あることだと思うわけなんですよ。

僕は研修が始まって3週間、いろいろなことがありました。たくさんの患者さんに採血させてもらい、またたくさんの患者さんの点滴のルートを刺し、成功したり失敗したり。そして中心静脈カテーテルを大腿静脈から入れさせてもらった患者さんが亡くなられたり…(ご冥福をお祈りします)。
たぶん、どの研修医も同じような経験をしているのだと思います。いろいろとあって凹み気味だったのですが、トンネルを抜けつつあることもあり、今のところは僕は大丈夫そうです、はい。

PS 研修医の集まりが僕の病院の所属する県であったのですが、急患が来たこともあり、何より凹んでたこともあり参加できませんでした。あとから思い起こすと行けばよかったなぁ。
その折に気遣いのメールを送ってくれたフェニックスさん、どうもありがとう。そして何度かメッセをくれたAskaさんにも感謝の言葉を。おかげさまで癒されました。友達って大事ですね。
  1. 2009/05/01(金) 00:28:33|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国試2日目終了!!

ばんじょーです,こんばんは.

国試2日目終わりました.関係ない方には申し訳ないのですが,今年の国家試験,かなりヤバイ問題が出てますね.
たとえば,3連問で出題された糖尿病の問題

『103E65~67
次の文を読み、65~67の問いに答えよ。

42歳の女性。口渇、多飲および多尿を主訴に来院した。
現病歴 : 1年前から義母の介護が始まり生活が不規則になった。1か月前から症状が出現した。
既往歴 : 25歳時、アルコール性肝障害を指摘された。
生活歴 : 飲酒は日本酒2合/日を22年間。喫煙歴はない。
家族歴 : 姉、母親および母方祖母が糖尿病である。
現 症 : 意識は清明。身長152cm、体重42kg。脈拍80/分、整。血圧154/92 mmHg。
検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖4+、ケトン体1+。血液所見:赤血球420万、Hb 10.8g/dl、血小板 10万。血液生化学所見:随時血糖 406mg/dl、HbA1C 10.5%。AST 88IU/l、ALT 64IU/l、LD 429IU/l(基準176~353)、クレアチニン 0.6 mg/dl。

病態として考えられるのはどれか。2つ選べ。
a 腎性糖尿
b アシドーシス
c インスリン分泌亢進
d 肝からの糖放出亢進
e エリスロポエチン分泌低下

この患者にみられるのはどれか。
a 難聴
b 無月経
c 色素沈着
d 手指伸展障害
e 平衡機能障害

治療の組合せで正しいのはどれか。
   摂取エネルギー量  塩分量     薬物治療
a   1,300 kcal/日  5g/日   経口血糖降下薬
b   1,300 kcal/日  5g/日   インスリン
c   1,300 kcal/日  8g/日   経口血糖降下薬
d   1,300 kcal/日  8g/日   インスリン
e   1,700 kcal/日  5g/日   経口血糖降下薬
f   1,700 kcal/日  5g/日   インスリン
g   1,700 kcal/日  8g/日   経口血糖降下薬
h   1,700 kcal/日  8g/日   インスリン 』

糖尿病っぽいんだけど,よく問題を見ると母系遺伝していて,「母系遺伝する病気と言えばミトコンドリア脳筋症だけど,中年での発症ってあるの?しかも糖尿病合併するっけ?」とか悩んでしまいます.
でも,実は調べてみると,ミトコンドリア糖尿病っていう病気があるんですね.母系遺伝する糖尿病らしく,軽度難聴をきたすらしい,とのこと.だから103E66の解答はaっぽいです.
でも,糖尿病だと末梢神経の障害で深部感覚障害も出るから,平衡機能障害も正解になり,それゆえ103E66は解答2つで不適切になるのではないかと思います(それとも急性発症という理由で末梢神経障害は出ないということになるのだろうか…).

まぁ,それ以前にミトコンドリア糖尿病自体が国試的に不適切な疾患であると思うので,もし間違っても気にすることはないと思います.僕も間違ったし…orz.ちなみにネットでは,解答は65:bd 66:a 67:bでした.まぁネットだからあってるか分からないけどね.

以上,簡単なコメントでした.国試が無事に終わったら試験についてのコメントでも書こうかと思います.

明日で最後,受験生のみなさん,頑張りましょう!!

PS ホテルチェックアウト→試験→秋田へ戻るというキツキツの予定のため,明日の更新はできないと思います.ご了承を.ではでは.
  1. 2009/02/15(日) 22:51:31|
  2. 医学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

もう肉はいらない

すっかり酔っ払ってるばんじょーです,こんばんは.

勉強中に『麦粒腫』を『麦粒酒』と書き間違えたときに,「ああ,きっと酒が飲みたいんだな」と自分の本当の気持ちに気づいたわけなんです,はい.欲望に対して忠実に生きることこそ,きっとフロイト先生の言う”錯誤”に対する正しい対処の仕方だと思います.…昇華などという概念は今の僕の辞書には存在しないのだよ.

さて,今日学校でクラスメートに会ったときに言われたこと.
「ばんじょーって,もしかして痩せた?」
そういえば,この前も友達にそういうことを言われた気がする.個人的には,多分無精ひげが顔に縦に走っているから,それで頬がこけたように見えてるだけなんじゃないかと思っているんだけど….

痩せたと言われるのは大変嬉しいけど,実はこの2週間で3回もしゃぶしゃぶ食べ放題に行ってるんだよね.近日中に4回目にも行く予定だし(おい!).
とても痩せる要素があるようには思えない食生活をしているんだけど,きっと摂取した栄養以上に頭が糖分を消費しているんだろう,そう信じたい今日この頃です.ってかしゃぶしゃぶで補給するのは糖分じゃないでしょ,って話なんだけど.

そんな折,ネットサーフィンをしてたら『小悪魔ageha』なる雑誌を発見.表紙のキャッチコピーがすごかったので掲載させてもらいます(元ネタ:痛いニュース).

d78666de.jpg

なんというインパクトのあるキャッチコピー.いろんな意味でインパクトの強そうな『小悪魔ageha』,僕にとっては『100%眼科』の数十倍は魅力的に映ります,ええ.
実際読んだことはないから分からないけど,ギャル系雑誌で一番売れてるみたいです.ちなみに,小悪魔agehaに出てくるような女性のことを”アゲ嬢”っていうらしいですよ,ちょっとしたトリビア.

他の号のキャッチコピーが「病んだっていいじゃん」「私たちの黒い闇」だったりとか,どういう方向性の雑誌なのか一瞥しただけでは判断つきかねるのですが,僕のブログだって方向性なんてほぼ皆無なので,『小悪魔ageha』も僕にそんなこと言われたくないだろうなと思いました.これからもエントロピーの増大を地で行く文章を書き続けようと思います.
ということで相変わらずまとまりなく校了.また今日も勉強だぁ.

国試まであと9日.
体調を壊さない程度に食べたり勉強したいと思います.

PS
今日の勉強:
水痘・帯状疱疹ウイルスVZVは初感染(水痘)ではアスピリン禁忌だけど(Reye症候群の原因となるため),再発(帯状疱疹)では鎮痛薬としてNSAIDsを使うことがある.
って,こんなん出ない気がするけど,禁忌と聞くとびびってスルー出来なくなってしまうのは受験生の性なのだろうか.
  1. 2009/02/05(木) 01:58:46|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

灰燼に帰す

ばんじょーです,こんばんは.

卒業試験が終わって,すっかり燃え尽きてました.精神的に灰燼に帰してます(灰燼に帰す=跡形もなく燃え尽きる).そのうち卒試で培った一夜漬けの知識が消失すればAshes to Ashesとなるわけです.おっといけない,忘れることに対してネガティブになってしまった.忘れたらまた覚えなおせばいいだけじゃないか,ははは.
医学部予備校の業界(世間には,医学生が国試に受かるために通う予備校があります.多分世間の大半の方は知らないと思うんだけど)では超有名講師のH田先生も「忘れることを恐れるな」って言っていました.これから半年,忘却と記憶の回廊を延々とめぐりたいと思う所存です.

とりあえず近況報告から.

まず,卒業試験ですが,自己採点した限りでは卒業できそうです.答案のマークシートの記入ミスがなければ大丈夫なはず.お世話になったみなさま,本当にありがとうございました.

次に,就職先が決まりました.母校です.大学病院なんで変わり映えがしないけど,まぁ勝手知ったる場所なんで,気張らずに仕事が出来そうです.もちろん国試に合格しないと働けないので,これからまた勉強を頑張りたいと思います.来年一緒に働くみなさま,よろしくお願いいたします.


さて,先日知り合いから相談を受けた.
知人の父親が呼吸困難で某大学病院に入院したんだけど(うちの大学ではありません,念のため),医療ミスで訴えるべきなのかアドバイスが欲しい,とのこと.

父親は,最初呼吸困難を訴え(夜間の咳がひどかったらしい)救急外来を訪れ,鼻からスチームで薬剤を投与されたらしい.が,その後意識が朦朧としたため,入院.その後病院側から「誤って通常量の10倍の薬剤を投与してしまった.申し訳ない」との謝罪を受けた.

その際「検査のため入院して欲しい」と言われ入院したのだが,入院費は患者持ちだと言われ(薬剤だけが原因とは限らないし,別の疾患がある可能性があるので,と病院側は説明している),さらに担当医が決まっておらず,投与した薬剤が何であるかの説明も受けていないらしい.父親は意識朦朧状態が持続しているためなし崩し的に入院となっているが,一連の成り行きに不信感を抱いた知人が,医療ミスで治療費を請求されることに対して訴訟という手段に出るべきかどうか悩んでいる,ということなんだそうだ.ちなみに入院2日目の話である.

事情をよく知らない上に,働いてもない医学生が無責任なアドバイスをするのもどうかと思いつつ,困っている知り合いに無碍に対応するのもどうかと思ったので,せめて患者さんと病院側の関係がこじれない方向で(つまり無難な方向で)事が進むようなアドバイスをするといいのかな,とか思いつつ話を聞いてみる.

担当医が決まっていないことについて,救急の医師が自分の科とは関係のない疾患で来た患者さんの場合,どの科で患者さんを受け持つかについてすぐに決められない場合があるようだ(実習先でそういうケースを見たことがある.お年寄りで複数の疾患を持っているような患者さんに多いらしい).また,病院側から説明がないことについて,ある程度治療の方針が決まってから患者さんへの説明を考えてるかも知れない.

それらの可能性を考えて,とりあえずは病院側に,何科が担当なのかと投与した薬剤の名前を聞いてみるといいんじゃないか,と話してみた.いきなり訴訟っていうと病院側も身構えてしまうだろうから,まずは対話がいいんじゃないかと.とはいえ,さすがに10倍投与は病院側に責任がある気がするけど….

患者さん側からすれば,医療訴訟をちらつかせることで「この患者さんに対してはもっと丁寧に接しなければいけない」と思ってもらえるだろうという認識があるかもしれないが,逆に病院側は医療訴訟を起こすクレーマーであるという認識を持ってしまって対応が遠巻きになる可能性がある.
病院側にしても,治療方針が立つまであやふやなことは言わないほうがいいと考えて説明をしていないかもしれないが,患者さんにしてみれば意識朦朧=重篤という認識を持っていて,重篤であればすぐにでも説明をしてくれるべきだ,という認識であるかも知れない.患者さんの命がかかっているだけに,些細な(っていうと失礼かも知れないけど)認識の違いでもすぐに大きくなってしまう可能性があるんだな,と思った一件であった.

それにしても,いきなり医療訴訟っていう話が出てきたのには驚いてしまった.医療訴訟が人口に膾炙されて敷居が低くなったのだろうか.医療訴訟って聞くと,まだ働いてないにも関わらず身震いしてしまうくらいに恐ろしく感じるんだけど,医学部に入る前は「白黒つけるために医療訴訟は必要だ」とか思ってたんだよな.医療訴訟自体に関しても,患者さんと医師との間で認識の違いがあるんだろう.
知人の父親が快復することを祈るばかりである.



  1. 2008/10/26(日) 23:20:34|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。