続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空気、空気、空気

冬休みがもう少しで終わってしまうことを想像するだけで心拍数が上がるばんじょーです、こんばんは。妄想の中に逃げ込めば、多少は心拍数が下がることを発見し、少し救われた気分になっています(←でもなんの解決にもなってない)。

さて、ウチダ先生の1/5のブログ『恐怖のシンクロニシティ』に、空気を読むことについて書かれている。その中で、ウチダ先生が巡回されているブログ数カ所でも、空気を読むことについて言及していた、とおっしゃっているが、年末の読売か日経新聞のコラムでもKYの話題を扱っていたし(まさかブログに書くことになるとは思わず、捨ててしまってました。無念…)、最近はKY論がホットになってきているのかも知れない。ちなみに僕も12/2212/251/4のブログで空気について書いています。諸先生方には及ばずとも、僕までKYの話題に触れてしまったのは、もしかすると、「KYについて議論しよう」という雰囲気が世間で生まれているのかも知れない。

まぁ、年末からのクリスマスや忘年会ラッシュ、そして新年会と、空気を読むことについて考えさせられる機会が多い時期だからなのかも知れませんが。

ウチダ先生、およびウチダ先生がブログ内で取り上げられているKY論を読んで思ったのは、場の空気というのは、その場のルールみたいなものであるが、ルールとして言葉にするのは難しいものだということである。う~む、含蓄深い。だから空気を読んでない人に場の空気について説明するのは難しいし、そもそも自分の空気に対する読みに自信を持つのも難しいし。KYというのは、空気が読めない人間を排除するような響きを持つように感じる、とウチダ先生のブログで言及されている(正確にはウチダ先生のブログ内での『Sho's bar』の引用です。ややこしくてすみません)が、読めない空気だからこそ、読めない人間を排除するという具体的行為を行うことで、そこに空気があることを実感できるのかも知れないな、と思ったりする。

別にKYを場から排除しよう、って考えを持っている訳ではないですので、誤解しないでくださいね。KYを逆に場に取り込む空気をいかにして生成することが出来るか、というのが最近の関心ごとです。とりあえずの対応策として、僕は空気が読めない場では、僕は壁と一体化して微笑むようにしています。アルカイックスマイル。

ところで先日、海外では怪しげな漢字をタトゥーに入れるのが流行ってるね、という話をした。その時僕が思い出したのは、「二角形」というロゴがでかでかとプリントされたTシャツであった。見たのはもうかなり昔だけど、未だに記憶に残っています。二角形…。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/05(土) 21:58:10|
  2. 心理学・現代思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

二角形

素敵な響きですね。きっと、
「僕は二角形になりたい」とか言うとどこぞの適当な評論家がすごい大袈裟なコメントをくれてもてはやされたりするんだろうなぁと思ったり。
  1. 2008/01/06(日) 21:52:12 |
  2. URL |
  3. baseba11 #aIMT36oY
  4. [ 編集]

ひそやかな復讐?

新年会でお会いできてよかったです。隠れ腐やっていて溜まっていた鬱憤が晴れて大変感謝しております。またオフでお会いするときには宜しくお願いいたします。

「ダーリンは外国人」というマンガに、「flesh flute」とプリントの入ったTシャツを着た可愛い女の子の話がありました。
「fresh fruit」と書くべきところを、「flesh flute」では「肉の笛」。。。。「二角形」のプププ話の逆バージョンです。

「二角形」の場合は、一本線を入れるのを忘れたのか、あるいは、訳もわからず漢字の入ったシャツをかっこいいと感じて着る外国人に対していたずら心を持った日本人のひそやかな攻撃のどちらか、でしょうかねえ。
  1. 2008/01/08(火) 17:57:14 |
  2. URL |
  3. はるのん #F.fxzyr2
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

baseba11さま>
コメントありがとうございます。「僕は二角形になりたい」って、詩的で素敵ですね。僕も二角形くらいもてはやされたいと思います。なんてカオスな表現。

はるのんさま>
こちらこそ、大変開放的な時間をすごすことができました。ありがとうございます。でも、あの時の気分のまま実習班内でオタ話をしたらドン引きされました。日常生活では気をつけたいところです。
肉の笛…シュールですね。でも、分かってて着てるのなら、逆にかっこいいのかも、とか思ったりします。前衛的というか、飽食時代に対するアンチテーゼというか。
  1. 2008/01/10(木) 00:35:59 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/97-c0ad7649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。