続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホリエモンに至る病~その6~

ホリエモンはその著書「稼ぐが勝ち」の中(72ページ参照)で、「人の心はお金で買えるのです」と述べている。

本の一部分を取り上げて著者の意見を批評するのはよくないとは思うけど、ホリエモンはいろんなところで「お金があればなんでも買える」的な発言をしてるようだから、ことさらバイアスがかかった抜粋の仕方ってわけでもないよね。

僕はこのホリエモン言説についてどう思うかというと、お金があればなんでも買えるかと聞かれれば、半分yesと答えるだろう。
構造主義者のレヴィ=ストロースは、人間はコミュニケーションを行うことを欲する生き物であり、コミュニケーションは「財貨」「言葉」といったものの交換によって生じ、財貨や言葉などは交換可能だと言っている(と思われる)。
また、社会心理学の「社会的交換理論」においても、「金銭」「商品」「商品」「サービス」「愛情」「地位」「情報」は相互に交換可能である(商品同士を交換することも可能だし、商品と金銭といった違う種類のものと交換することも可能)と考えられている。

交換財円環図・「対人行動の社会心理学」33ページより


これらの思想や理論があるのに、僕がなぜ「半分だけ」と書いたかというと、売買や交換は売り手がいなければ、もしくは売り手が交換を承諾しなければ成立しないからだ。そして僕は、人が本当に欲しいものはお金だけでは手に入らないんじゃないかと思う。別にお金がたくさんあったって、楽器が弾ける技術がすぐに手に入るわけでも、美味しい料理が作れる技術を得られるわけでもないだろうし(手に入れるきっかけは作ってくれると思うけど)。
愛情にしたって、「オレはお金をこんなに持ってるぜ、だから愛してくれよ」っていうのは、自分がお金以外に魅力的な交換財(思想や言葉や技術を含めて)を持っていないと暴露してるに等しい。それって、生物的にすごく弱いことをさらけ出してるんじゃないかと思う。もし何かの理由で社会が不安定になって、貨幣の価値が著しく下落したら、お金しかもっていないような人間は、生物として生き残る可能性は低いだろう。生物的に弱いとしても、それを自覚していて、自分の弱さを常に何らかの形で補おう(それは技術だったり、礼儀正しさだったり、腰の低さだったりするだろう)とする人間であれば別だが、自分の弱さに無自覚な生物に、男であれ女であれ異性が惚れることはあまりないんじゃないか、と思うのである。

そもそもお金って、持っててもそれ自体では役に立たないものだから交換するためのものとして用いられているのである(はじめての構造主義by橋爪大三郎より)。だって、紙幣を食べたら栄養になるとか、5円玉がダイヤモンドで出来てて首からぶら下げたらおしゃれ、なんてことになったら、みんなお金を退蔵して、市場に全然出回らなくなっちゃうじゃない。以前クラスメートが、「宝くじで3億円が当たったとき、一番贅沢なお金の使い方は何か」という問いに対して、「1万円札を千円札の大きさに上手く切りそろえて、自動販売機に入れて千円として使えるか試す」と言って笑っていたけど、紙幣って、そのもの自体に意義を見出すとすれば、そんな使い方くらいしか出来ないのだと思う。逆に言えば、社会的な合意がなくなれば、お金はそれ自体の価値=役に立たぬもの、に戻ってしまう可能性を常に秘めているのだ、と言える。

ウチダ先生の2月4日のブログ「キャリング・キャパシティの限界」でも、お金がお金として機能しなくなる臨界点について述べられているが、お金って、そういうもんなんですよね。

まぁ、そう書きつつも、僕はお金は嫌いじゃないですが(むしろ大好きですが)。あらら。

ってことで、「お金があれば何でも買える」言説の根幹にあるお金の普遍性というのは、実は結構危ういものなんじゃないかと思うんだけど、それでもホリエモンがお金の万能性を信じている(と思われる)のは、ホリエモンの即時性によるものだと思われるのである。

(続く)
スポンサーサイト
  1. 2006/02/16(木) 00:26:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/9-93117abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。