続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガを文化人類学的に考察する~『闘将!!拉麺男』とギリシャ神話~その3

さて、今までの話を『闘将!!拉麺男』の分析に使ってみたいと思う。ザーサイは、幼少時代に拉麺男と出会い、彼の拳法の腕前に惚れて弟子入りを志願する。その時拉麺男が、自分の師匠に共に弟子入りしようと誘うも、「大人は信用できないからお前から拳法を習いたい」と言う。でも拉麺男がザーサイに拳法をこっそり教えてるのが師匠にばれ、これ以上未熟なお前が拳法を教えるなら破門にすると言われた拉麺男は、ザーサイに拳法を教えられないと告げる。ザーサイは、大人の仲間である拉麺男に失望し、彼の元を去り(その時に背中の葉っぱが貼り付いた→蛮暴狼の誕生)、自ら修行して筋肉拳蛮暴狼となる。これらのことから、幼少時代は大人の助けを拒み、子どもだけのコミュニティにいることを望んでいたと思われる。

18.jpg

17.jpg

16.jpg


一方、大人となった蛮暴狼は、地獄の殺人者と呼ばれるようになった。そして、自分が近しく感じていた子どもまでも、成り行きではあるが殺めてしまう。

12.jpg
7.jpg



そう、彼の生き方は、幼少時代は同朋同士での結びつきが強すぎるコミュニティを欲していて、大人になったら同朋を殺めるほどに他者との結びつきが弱いというように、人間が生きていくための限界点を越えてしまった人生を歩んでいるように思えるのだ。だから彼の死は必然なんだと思うのである。

というか、彼はそもそも大人になりきれてなかったんじゃないかと思う。彼は幼少時代は欲しいものは大人(他人)から奪っていた。そして大人になっても、人の命を平気で奪っている(と思われる)。何かをもらったら何かをお返しするというのが世の中の原則だと思うんだけど、その原則に適応できないまま、奪うばかりで与えることが出来ないまま大きくなってしまった人間を、果たして大人とよんでいいのだろうか。

彼は精神的に大人(他者)の助けを拒んだ。そんな彼が肉体的にも外部からの侵入を拒むような形で自らを強くしていったというのは、ある意味彼にとって必然なのかもしれない。それでも人である以上、精神的にも肉体的にも他者から何らかの影響を受けるのは避けられない。そして、蛮暴狼が唯一精神的に受け入れた拉麺男だからこそ、その肉体を貫通することが出来たのかもしれないな、と思うのである。

とまぁ、文化人類学的に『闘将!!拉麺男』を分析してみました。こういう試みをする物好きな人ってあんまりいないんじゃないかなぁ。なのでこの分析が適切かどうかの検証の機会はほぼ訪れないものと思うけど、間違ってたらごめん、ってことで。でも、僕は『闘将!!拉麺男』の中でもこの話が一番と言っていいくらい好きなんだけど、それというのも、このストーリーから何らかの奥深さを感じるからかも知れませんね。

PS 脳内メーカー
遊べるソフトです。
ちなみに脳内メーカー正面もあるよ。

PS キン肉メェ~ン
キン肉マン好きに送るパロディページです。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 03:29:12|
  2. 心理学・現代思想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/81-1075153f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

闘将!!拉麺男『闘将!!拉?男』(たたかえ!!ラーメンマン)は、ゆでたまごによる漫画、及びそれを原作としたアニメである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
  1. 2007/09/14(金) 09:14:40 |
  2. このマンガが読みたい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。