続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガを文化人類学的に考察する~『闘将!!拉麺男』とギリシャ神話~その2

さて、筋肉拳蛮暴狼の話を聞いて、ギリシャ神話のアキレスの物語を思い出した方がいるのではないだろうか。
どんな話かというと、彼の母親である海の女神テティスが、人間であるペレウスと結婚してアキレスを産んだ。しかし、神と人間との間に産まれた子は寿命があるため、子の不死を願うテティスは、体を浸すと無敵になると言われる冥界の河ステュクスに、赤子であったアキレスの踵をつかんで全身を浸した。その結果、河の水がついた部分はどんな攻撃も弾き返してしまうようになったのだが、踵の部分(つまりアキレス腱)だけが水についてなかったため、トロイア対ギリシャの戦争に参戦している際に、そこを攻撃されて死んでしまう、というのが大まかな内容である。

ちなみに、母親が赤子の踵を持って河に浸したってことは、子供を逆さにして河にじゃぶじゃぶ浸けたってことになるんだろうね。想像すると子どもにとって気の毒なシーンなんじゃないかと思うんだけど、文化人類学者レヴィ=ストロース曰く、神話の世界では逆子っていうのは、通常ではありえない誕生の仕方であるということから、英雄とか姦雄の誕生の先触れとして語られることがあるそうである。なので、アキレスの話でも逆子の状態で河に浸した結果無敵のアキレスが誕生した、という話の流れである可能性もあるよね。

結局、いくら神に近づこうとしたところで、アキレスはやはり人間であるため死んでしまう。人間の不完全性や有限性を示しているのではないかと思うんですよ(同時にアダムとイブが知恵の実を食べることで死ぬ定めを負ったように、人間が神世の時代に戻ることが出来ないという不可逆性を暗示しているのかもしれない)。不死でない以上、人間が神の真似をしてうかつに敵陣のど真ん中につっこんではいけない。他人を守ったり、守られたりしないと死んでしまう。そういう人間関係を作るには、他人に認められなければならない、すなわち人間としてのルールを守らなければならないだろう。じゃあ人間としてのルールってなんだろう?

その1つとして、自分と異なる他人を極端に遠ざけたり、自分と似たような人間だけで極端に固まったりしないこと、というのが挙げられると思う。

レヴィ=ストロースは著書『構造人類学』の「神話と構造」の章で、オイディプス王の神話を参照しながら、以下のようなことを述べている。自分の同朋を殺すほどに親族同士の結びつきが弱い集団と、近親相姦を行ったり自分の同朋に見境なく手をだすほどに親族同士の結びつきが強い集団は生き残ることが出来ないのではないか、と。ちなみにこれら2つの集団は人間集団の規範の限界を表しており、その2者の間に位置する集団、すなわち親族同士の結びつきが弱すぎもせず、強すぎもしない集団がこの世界で生き延びることが出来るのではないか、と内田先生は『現代思想のパフォーマンス』の中で述べている。

複雑ネットワークという考え方が近年盛んになってきている(と思う)。そこでも「ホモフィリー」と呼ばれる同朋同士の結びつきが強いコミュニティについて分析がなされており、実際の社会において、極端なホモフィリーは存在しにくいと考えられているようである(『「複雑ネットワーク」とは何か』増田直起、今野紀雄著)。大昔の物語である神話と近年の理論である複雑ネットワークに共通点を見いだせるというのは、コミュニティの存続という問題が、時代を問わず人間の興味をひくものであるからかも知れない。


なお、オイディプス王の物語は、オイディプス王は父親を殺し(同朋殺害)、母親と姦通した(近親相姦)という話であるが、オイディプスが祖国に戻り母との姦通という悲劇を引き起こす前に、彼はスフィンクスと出会っている(父親はスフィンクスと出会う前にそうとは知らず殺害してしまってたはず)。実はスフィンクスの話って、オイディプス王の神話の一場面なんですよね。

スフィンクスは「朝は4本足で、昼は2本足、夜は3本足であるものは何だ?」という謎をかける。オイディプスはその謎に答え(答えは「人間」)、スフィンクスは面目を失い自殺(多分)する。もしこの謎に答えなければ、オイディプスはスフィンクスに喰われるものの、祖国に戻って悲劇を生むことはなかっただろう。
レヴィ=ストロースは、謎というのは問いと答えと結びつかないから謎なのだ、と言っている。その謎を、問いと答えを結びつけてしまったばっかりに、結びつけてはいけない母と息子の関係も結びつけてしまうことにつながったと考えると、スフィンクスの挿話は興味深い話に聞こえるのではないかと思う。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 03:28:48|
  2. 心理学・現代思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/80-d80bd28a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。