続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホリエモンに至る病~その5~

ハインリッヒの法則というのをご存知だろうか。

1件の大きな事故の背景には、およそ30件の小さな事故があり、30件の小さな事故の背景には、およそ300件の「ヒヤリとするような瞬間」がある、という経験則のことである。有名な法則なので、聞いたことがある方も多いと思う。

僕が以前損害保険会社に勤めていたときにこの法則を聞き、半年くらい前に医学部の医療事故管理の授業で再び耳にした。リスク管理のためには小さな事故からケアしたほうがいいというのが、この法則が教えるところである。

なんでこんな話を出したかというと、コスト削減策の標的になるのは、たいていリスク管理にかける費用だと思われるからだ。そりゃそうだよね、だって起こるか起こらないか分からない事故のために、普段から保険料などのお金をかけるのって、無駄なことのように見えるもの。

でも、リスク管理にかける費用を削減して、大事故が起こったときの被害は甚大だ。

昭和57年2月8日、ホテル・ニュージャパン火災事件というのがあった。寝タバコによりホテルの9階から出火、宿泊客442人。うち33人が死亡、24人が重軽傷を負った事故であるが、原因は宿直従業員の少なさ、スプリンクラー施設の不備、電気代節約のためのエアコンの加湿機能の停止、非常ベルのスイッチを切っていたことなど、横井社長の徹底した費用削減策であると言われている。そーいやこの横井英樹って人も株で成り上がった人だったっけ。

この事故は普段からのリスク対策が重要であることを教えてくれる。逆に、リスク対策をきっちり行っているところは、その分のコストがどこかに上乗せされる。NTTはいい例だろう。NTTって、ほかの通信会社に比べて通話料が高いイメージがあるけど、実はあれって地震などの大事故が起こってもちゃんと電話が通じるための保全費用が含まれてるらしいですよ。だから、地震や台風などの災害が起こってもNTTの携帯や電話は他社と比べてつながりやすいとのことだ。

僕がホリエモンに中に見てしまうのは、リスク管理に重要性を見出さず、コスト削減の対象としか考えないというような姿勢である。

ホリエモンは、フジテレビとの攻防の後で、ライブドアのサイト上でパブリックジャーナル(以下PJ)という企画を立ち上げた。それは江川女史とのインタビューにもあったように、市民記者を募ってその記事を掲載するというものであり、現在でも続いているようだ。ただ、発足した当初は、ホリエモンがコスト削減と言った通り、ライブドア側は投稿記事の校正・検閲はほとんど行わなかったようである。その結果、PJは立ち上がってからネット上でかなり話題になった。とんでも記事の投稿が多かったのだ。中でも、障害児虐待を肯定した記事を掲載したのは物議をかもした。その記者本人も障害児虐待を行っていたらしいから恐れ入ってしまう。

PJではとんでも記事を掲載するだけですんでいるし、ライブドアは過去の社歴の中で、特に大事故に至りそうなことは特にはしていなかったようだ。でもそれはネット業界の中で事業を拡大させていたからであって、もし他業種にも事業拡大していたらどうなっていたであろうか。

そのときは、ホリエモンは社会に対して大きな損失を生み出すのではなかろうか。ホリエモンはTPOをわきまえない格好をしてるし、言動も粗野なところが見られる。しかし、僕はそういうところだけではなく、そのリスク管理に対する姿勢から、彼を好きになれなかったのである。まぁ、株価の下落による既存株主の利益の侵害はたびたび行われていたし、社会制度に対する背信行為(を行っていたと思われる)が公になったわけで、現時点ですでに社会にたいして十分に大きな損失を与えたと言えるかもしれない。

でも、このようなリスク管理に対する考え方をもっている人って、ホリエモン以外にもたくさんいるんじゃないか、と僕は思う。というのも、時間をかけて醸成するものも、即時的なものと交換可能であるという観念が世間に浸透しつつあるのを感じるからなんだけど、それについてはまた後日のブログで。

(続く)

スポンサーサイト
  1. 2006/02/14(火) 03:32:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

たびたびで恐縮ですがご招待です

「ホリエモンが起訴される」に関するクイズを作ってみました。
「ホリエモンら証取法違反で起訴。ではこの法律で罰せられる最長の懲役は?」
というタイトルの記事です。
解答の選択肢は □5年以下 □10年以下 □15年以下 の3つ
正解は→ http://q-q.at.webry.info/200602/article_52.html
 他にも「雑学クイズ」が400問ほどあります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

追伸:画面上の不審な300の現象→音や振動や匂いなどの30の異変→へたれPC…という道筋は、経験則として理解しております。
  1. 2006/02/14(火) 11:53:14 |
  2. URL |
  3. 素町人@思案橋 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

>素町人@思案橋さん
コメントありがとうございます。何度かそちらにはお邪魔させていただいております。OLはいやいやながらチョコを買っているんですね。興味深く読ませていただいております。
ブログ上の作法がなにぶん分かっておりませんで、2度もお誘いのコメントをいただき恐縮です。
ハインリッヒの法則をパソコンで体験したということは、やはりへたれてしまったのでしょうか。僕のパソコンもちょっとヤバい徴候がありまして。あえて見ないふりをしていましたが、バックアップを取ろうかと思っている今日この頃です。
  1. 2006/02/15(水) 22:38:55 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/8-0f073c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。