続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

引越しよこんにちは(そしてエルニーニョよさようなら)

えっと、荷物を運ぶ段になってエルニーニョが過ぎ去り、連日猛吹雪のなか、荷物を抱えて新居と旧居を往復しているばんじょーです、こんばんは。そして冬将軍よこんにちは。春はまだ来ませんかそうですか。


まずは近況報告から。

明日引越しの予定で、新居に落ち着くまで数日かかりそう。で、その後帰省する予定です。いや~、春休みだというのにぜんぜん落ち着かないです(涙)。
で、新居のBフレッツの工事に来るのがしばらく後だということで、しばらくインターネットに接続できなくなると思いますが、その間に連絡くださった方にはご容赦いただきたく。

とりあえず、内容がバラバラになっちゃってて申し訳ないけど、ネットが使えるうちに書きたいことを書かせていただきます。

最近『敗北を抱きしめて』byジョン・ダワー著を読み終えました。ごうてつさん、勧めてくれてありがとう。あれはとんでもない大作ですね。A級戦犯が靖国に奉られてるのは、東条を含むA級戦犯が全員で口裏を合わせて、自分たちに戦争の責任があり天皇には責任がなかったと主張して、東京裁判で天皇に戦争責任がいかないようにしたからなんじゃないかと思ったのですが、どうなんでしょうかねぇ。まぁ、彼らが自分を犠牲にして国体を守ったと解釈すれば、靖国に奉られてもおかしくはないか、と。デリケートな問題なので、軽々しく書いてはいけないことなのかも知れませんが。

そして、今はウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』を読んでいます。先日の集団精神療法でコミュニケーションのルールについて触れたと思うんですけど、あの考えは家族療法で重要な考え方で、さらに家族療法ではそのルールという視点について、ウィトゲンシュタインを参照してるんですよね(『人間コミュニケーションの語用論』byポール・ワツラヴィック)。なので、ウィトゲンシュタインをそろそろ読み時かな、と。でも、難解な上、引越しやら何やらで時間がとられて読書が遅々として進まんです…。こういちさん、お会いするときまでに全部読めないかもしれないです、すみません。っていうかいきなり『哲学探究』から読んだ方がいいのかしら?

さて、現代思想つながりで。
『ひぐらしのなく頃に』というパソコンのサウンドノベルゲームをやってたんですが、これ、すごいですね。批評家の東浩紀のブログ『渦状言論』(←ネタばれ注意)でも紹介されてたんだけど、心理学やら現代思想的な発想がてんこもりで(ルールという考えやシステム論について、作品中で盛んに言及されてます)、しかもサスペンス・ミステリーとしても内容が非常に面白い。本当に稀有な作品だと思います。おまけストーリーの『ひぐらしのなく頃に礼』の1話目の賽殺し編はサルトルの引用で、2話目の『昼壊し編』はE・フロム『愛するということ』の思想が用いられているんじゃないかな、って思うんだけど、誰か分析してくれないかな?そのうち自分でもブログに書こうかと思ってるんですが、こういうのってネタばれを含んじゃうので、なかなか書きづらいんですよね…。ちなみに、念のため書いておくと、エッチぃ描写は全くないですよ。

まぁ、とりあえずこんなところで。ではまた。

PS1まさに外道(←もっと見たい方はこちらのHPを見てください)
諸刃の矢

いや、これは外道ですね。

PS2「危機一髪」
う~ん、ブラックだなぁ。鳥は大丈夫だったんだろうか…。

PS3「帽子のような髪型
本当に帽子みたいです。

PS4「本物みたいなCG」
その1 その2
CG技術の進歩を実感します。っていうか、これ普通に写真のように見えるんだけど、本当にCGなのかなぁ?

スポンサーサイト
  1. 2007/03/14(水) 00:48:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

どもー。「敗北を抱きしめて」読まれましたか。読み応えのある良い本だったよね。特に下巻が。

CGは専門なので、思わず反応してしまいますが、この女優のCGは、首から下だけ見れば、布がちょっと均一すぎるんでCGと見えなくもないけど、顔はかなり作りこんでるね。たいていは髪の毛でバレたりするんだけど、かなり自然。

ダビデ像は、けっこうポピュラーなモデルで、よく出てきます。ヴィーナス像とかも多いです。
ちなみに、99年とちょっと古いですが、これなんか綺麗よ。
http://www.debevec.org/FiatLux/movie/
  1. 2007/03/16(金) 00:53:28 |
  2. URL |
  3. ごうてつ #-
  4. [ 編集]

どもー

コメントありがとうございます。うん、下巻の密度の濃さといったら、もうすごかったよね。戦後秘史、ってやつですかね。
CG、プロの目からみても、かなり自然な出来ですか。僕みたいな素人が見ると普通に写真に見えてしまうんだけど…。
ムービーは、今は学校の図書館のパソコンからなので開けないんだけど、後でじっくり見させてもらいますね。
  1. 2007/03/16(金) 16:51:56 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/72-897a9a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家族療法-心理学を考えよう

家族療法家族療法(かぞくりょうほう;Family Therapy)とは、家族を対象とした心理療法の総称。家族療法は、様々な治療効果研究の複合体であるが、次第に、一般システム理論の視点が取り入れられるようになり、現在では一般システム理論に基づいた(システムズアプローチと
  1. 2007/03/18(日) 05:14:08 |
  2. 心理学を考えよう

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。