続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

OZMAとかけて村上春樹と解く。さて、その心は?

こんにちは、ばんじょーです。
最近ひげをはやしてるんだけど、先日後輩から「ダンディな顔になりましたね」って言われました。ダンディな顔ってあんまり言わないよなぁ…、ひげを伸ばす前は、彼の目には僕はどういう顔に映ってたんだとか、ちょっと聞いてみたかったんだけど。まぁ、ひげが似合ってるってことを言おうとしてくれたという心遣いだけを汲み取ることにしましょうか。

 さて、時間がずいぶん経っちゃったけど、紅白のDJ OZMA(敬称略)のボディスーツの件について。あれもK-1Dynamiteと同じく、物議をかもした大晦日の番組だったと思うけど、まぁ、ちょっとNHK向けのパフォーマンスじゃなかったよな~、って気がする。いくらボディスーツとはいえ、バックダンサーの女性が半裸っていうのはちょっと刺激過剰感があったかなぁ(紅白の動画はこちらから。You Tubeの動画はNHKの依頼によって削除されてるらしいので、結構貴重な動画かも)。
ご存知の方も多いと思うけど、その後の顛末として、NHKに750件以上の苦情が入り、NHKはOZMAに事実上の出入り禁止を言い渡している。まぁ、僕は特にOZMAの曲に興味はないんで、この出入り禁止のニュースを「ふ~ん、そうなんだ」っていう感じで見てたんだけど (OZMAファンの方、ごめんなさい)。

じゃあなんでこの件をブログにエントリーしたかっていうと、OZMAが自身が紅白について書いたブログが興味深かったからである(→DJ OZMA アゲ♂アゲ♂Archives)。

まず、ブログ上で、パフォーマンスを不愉快に思う人に対してブログ上で謝っているところから、彼が単なる愉快犯というわけではなさそうである。

では、OZMAのパフォーマンスの意図はなんだったのか?OZMA曰く、あれは彼流の芸術表現の一種であり、沢山の人にこういう表現もあるって知ってもらい、喜怒哀楽のなんでもいいから感じてほしかったんだそうだ。だから「つまらない」とか「嫌い」という気持ちでも感じてくれれば構わないんだ、と(もちろん「楽しい」などの肯定的な感情の方がいいんだろうけどね)。

そして、「不謹慎」とか「低俗」と言う観客に対しては、感受性がないかわいそうな人だ、と評している。物事を一定の角度からしか見れないんじゃないだろうか、と。

OZMAが言いたいことは、芸術作品(と思われる)に接したとき、「その場に不適切かどうか」といった社会的な評価よりも、沸き起こる自分の気持ちを大切にした方がいい、ってことなんじゃないかと思う。

かつて、村上春樹は読者からの「『ねじまき鳥クロニクル』を読むとセックスがしたくなります(ストレートだなぁ)」っていうコメントに対して、それは嬉しい、なぜなら身体からある種の情動を引き起こすような小説を書くように努めていたからだ、というような返事を書いていたように思ったんだけど(ごめんなさい、『そうだ、村上さんに聞いてみよう』『これだけは、村上さんに言っておこう』のどっちかに書いてたと思うんだけど、本棚が試験過去問で埋もれているため裏取りできませんでした)、もし読者からのコメントが「性的な表現は不謹慎であり公序良俗に反するので好ましくないと思います」っていうものだったら、村上春樹、がっかりしちゃうんだろうな~、って思うんだよね。そういう政治的なメッセージとして自分の作品を受け取って欲しくない、って。OZMAの考えも、それと似たようなものかも知れないな、と思ったりする(って書くと、ハルキストとOZMAファンの両方から「一緒にするな」って叱責を受けそうだけど)


終戦直後の坂口安吾や田村泰次郎は国体ではなく個人の主体性の復権を説いた(『敗北を抱きしめて』ジョン・ダワー著)。それから半世紀も過ぎているけど、今だって常識とか慣習とかいうものは周囲から押し付けられたものというイメージがあり、そしてそういった周囲の声にばかり耳を傾けていると、自分の内面から沸き起こる声に耳を傾けなくなってしまいがちになるんじゃないか(冗長でごめん)、と僕は思う。
 
 もちろん、「性的イメージによって子供に変な(ってあいまいな表現だけど)情操を植え付けるのは問題だ」という意見はもっともだと思う。僕が子持ちの親だったら同じように思うかもしれないしね(何かを知るにはそれなりの歳を経なければ、知ることが逆に害をなすことだってあると思うから)。子供たちが性的開放感を植え付けられて、性行為の早期化が起こって、性病が蔓延したり未婚の母が増えたりしてその子の養育がおろそかになったりしたら、社会的な問題になりそうだしね。

このような法律とか慣習といった社会のルールは、大多数の人間を守るためのシステムとして働くため、世の中のだいたいの状況においては、場のルールに従うことが生き残るために大切なことになると思う。けど、そのルールはあくまで大多数の人間を守るためのものであり、そのために個人を犠牲にすることが往々にしてありうる。そして、自分がその犠牲にならないためには、その場が危険かどうか、自分に害をなすものがどれだけ迫っているかを見極める肉体的・情動的な感覚が重要になると思うんですよ。もちろん、その場が土壇場なのかどうかの線引きをどこで行うかはまた別の問題になってくると思うんだけど。

上に書いたことは、僕が現代思想や心理学を勉強して学んだことの一つなんだけど、社会のルールと個人の情動っていうのは相反するものではなく、どちらが優位に立つものでもなく、車の両輪なのではないだろうか。そして、情動面での感受性を鍛える機会(っていうと純粋に芸術を楽しめなくなりそうでやだけど)としてOZMAのパフォーマンスを観ることが、肯定的かつ建設的な受け取り方なのかも知れないな、と思うのである。

…って書いてきたけど、僕個人としては、OZMAのパフォーマンスは好きになれないんだよね、ごめんね。でも、OZMA自身もそういう観方ならまだ理解できる、って言ってくれてるから、まぁいいかな(よくないって?)。

 ちなみにOZMAは彼のブログで「俺は裸婦像もポルノ女優も心から美しいと思うんだ。そう感じる心を育ててくれた両親に感謝してるよ」って書いてるけど、僕が好きな裸婦画は『ダナエ(byグスタフ・黄金の・クリムト)』『裸のマハ(byフランシスコ・ゴヤ)』『髪をほどいた横たわる裸婦(byアメディオ・モディリアーニ)』の3作品です(クリックすると画像が出ます)。
 ちなみに『ダナエ』の左下に黒い棒が小さく描かれているけど、あれって男根の象徴なんだそうで…。フロイトと時代がかぶってるので(場所もウィーンだしね)、フロイトの影響を受けている作品なのかも知れません。


PS1
つーかこんなセクシャルなブログをアップしていいのか?

PS2
OZMAのボディスーツについて、宴会芸の雑貨屋に問い合わせが相次いでるそうで。年末はボディスーツが流行るのでしょうか?

PS3
この歌、気に入ってます。『男女by太郎

PS4
情動的な感受性がどうして危機において自分を救うのか、って?
自分の行動が他人の恨みや羨望を喚起しているか。
他人の行動が自分の嫉妬心をどれだけ引き出してるか。
それらが負の連鎖(それが円環となりネガティブフィードバックを引き起こす)を作りじわじわと自分の周りを侵食していくこと。
これらに敏感になり自分を窮地に立たせない、というやり方で自分を救うことは可能なんじゃないかな、って僕は思うんだけど、どうでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/28(日) 14:42:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

うおーーーーありがとうございます
うおーー

もうちょっとちゃんとコメントしたほうがいいような.
今AかBかで悩んでいるところで,これを読んで全然違う解決法が思いついたような.そんなかんじでした.抽象的ですいません.
  1. 2007/01/29(月) 07:22:05 |
  2. URL |
  3. reopon #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

いえいえ、熱気が伝わってくるメッセージで、嬉しく思います。
ブログをアップするエネルギーが沸いてきますよ。
踵の調子はどうですか。もう治った?早く回復することを祈ってますv-7
  1. 2007/01/30(火) 01:27:06 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/66-9f717602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。