続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

分からない女心と恋愛的散逸構造

あまりの女心の分からないっぷりに「本当に心理学を勉強してるの?」と問いただされてしまったばんじょーです、こんばんは。

いやでもね、さすがに深刻な顔で「食後のデザートを食べたい」って思われても、それはフロイト先生だって読めませんよ、多分。

まぁ、フロイトだったらデザートどころか性的欲望に結び付けちゃいそうで怖いけどね(ちなみに、個人的な意見としては、フロイトの凄みは性的欲望についての指摘ではなく、反復強迫と防衛機制という考え方を世に提示したところだと思っています。この2つの考え方は実践的に心理学を使う上で非常に有用な思考ツールだと思います)。


さて、最近はある方面から文章作成の依頼が来て、勉強の合間にいくつか本を読んでいる。最近読んでいるのはイリヤ・プリゴジンの『混沌からの秩序』。複雑系に関する本で、まだ100ページくらいしか読んでないけど、この本で言いたいことはこんなことらしい。


あらゆる系(システムとか組織とか)は固定したものではなく、たえずゆらいでいる部分系を含んでいる。そのゆらぎが強くなって「ある分岐点」に達したときに既存の組織を粉砕してしまうことがある。その瞬間に系が分解して混沌に向かうのか、あるいは散逸構造と呼ばれるより分化・秩序だった組織を生むことになるのかは、あらかじめ予測することが出来ない。


ん~、なんか分かりにくい説明で申し訳ない。例えるとすれば、強いストレス下に置かれた人間集団が、お互いにねたんだり嫉みあったり、はたまた恋愛感情を持ったりして、それらの気持ちが高ぶっていくうちに、あるポイントに達すると突然人間関係が壊れてしまうんだけど、その直後に新しい、より強固なグループが生まれるのか、それともみんないがみあったままで集団がバラバラになってしまうのかは分からない、っていう感じだろうか。

話がずれるけど、医学部って、まず解剖実習を行うことで医学の洗礼を受けるんだけど、ご遺体を解剖するのって、精神的にも肉体的にもすんごいキツイんですよ(こんなこと言うと献体してくださった方に申し訳ないなと思うけど)。人の身体をこれだけ細かく切り、観察するっていうのは今までの人生になかったことだし。

で、この解剖実習は(うちの大学では)2ヶ月半なんだけど、その間に解剖カップルっていうのが出来たりするんですよね。大変な時期をともに過ごすうちにいつしか男女が恋に落ちていくっていう、ね。多分、これもストレス下にある人間集団が置かれることによって新たな人間関係が生まれるっていう例なんじゃないのかな、と思ったりする。

ってことは、僕の学年は今テスト勉強で相当なプレッシャーの下に置かれてるんだけど、そのうち既存の人間関係が壊れて、新たなカップルが生まれたりするのかしらん?脳みそピンクな僕としては(最低な人間ッスから、自分)、これから色んなことが起きるんじゃないかとちょっと期待してたりして。って、さすがにテスト勉強から恋は芽生えないかな。

でも、恋愛的散逸構造が生まれるのはいいのかもしれないけど、自分も含めていろんなところで人間関係が壊れてバラバラになったままになる可能性もあるわけで…。おお、こわ。


PS 犬画像
モップみたいな犬の画像です。ちょっと触ってみたいかも。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/26(木) 02:39:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なんだか、いろいろ面白い(←個人的に)ことが(はっきりとはわからないように)わかりづらく書かれているなぁと思いつつ(笑)。
でも多分、人生は多少思うようにならないくらいがちょうどいいと思うので、人生を満喫してる感じがしますv-290
でも、本当に辛いときはそんなこと思う余裕がないほど辛いのだと思いますが・・・。
でも、私は、誤解を恐れずに言えば、解剖すごく楽しかったよ。ご遺体の方(お名前は伏せますが)の人生とか気持ちとかいろいろ考えながら、本当に貴重な時間を過ごさせてもらったよ。・・・解剖班としては、いろいろあったけどね。いいことも、悪いことも。
  1. 2006/11/05(日) 13:28:15 |
  2. URL |
  3. sea-syo #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

コメントありがとうございます。確かに、人生多少の困難があった方が楽しめそうな気がします。まぁ、程度によりますけどね。でも、本当に解剖の時期はたくさんのことを学ばせていただきました。解剖班のメンバーとご遺体の方に感謝、感謝です。
  1. 2006/11/20(月) 00:42:31 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/60-8e2f7509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。