続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホリエモンに至る病~その3~

堀江本を読まずにホリエモンについてのブログを書くのもなんだな、と思い、近くの本屋に行ってみたのだが、なんと、一冊も堀江本が置いてない…。

まぁ、これだけホリエモンについての悪材料が出ているから、書店が彼の著作を置きたくないという気持ちも分かるが、それにしても過敏なくらいの反応である。っていうか小さな本屋だからもともと堀江本が置いてなかったのかも。

さて、昨年のフジテレビとライブドアとの攻防の際に、これだけ騒がれるホリエモンという人物はどのような人なのかを調べるべく、いくつかのサイト(ブログ)を見て回った。その一つがnozomu.netさんである。

そこの「ホリエモン=ロビンソン・クルーソー仮説」に、ホリエモンがどのような人物であるかが窺える記事が掲載されていたので以下に抜粋させていただく。



『今話題のライブドアという会社は、ホリエモンに買収される数年前、無料プロバイダー事業として始まりました。今アップルに行った「前刀禎明」さんという人が社長でした。収入は確か新規電話会社(日本テレコム?)から加入料バックしてもらう、というビジネスモデルではなかったかと思います。膨大な宣伝費を投入したため、会員は増加し知名度もあがりましたが、プロバイダーの選択淘汰・体力消耗の時代を自ら開き、行きづまり、最後はキャッシュアウトして会社ごと売りにでたのです。(確か五億円ぐらいだったように思います)
 私がこのあたりの経緯を知っているのは次の理由によるものです。現在スカイマークエアラインズの西久保慎一社長が以前独立プロバイダーの雄、ゼロの経営者であったときに、ライブドアの買収を考えていらっしゃったことがあり、私も相談にもあずかりました。
 そのときに西久保さんは堀江さんと友人でした。(西久保から見て、でしたけど)「吉田さん、若いけどいい奴だよー」その一言は今でも覚えています、当時のIT業界は狭いですし、ナスダックジャパン(現ヘラクレス)に上場した仲間は、同じ穴の狢であり、また、運命共同体という部分もあったことでしょう。(今とは違って)

「西久保さん、一緒にライブドアの買収を考えませんか?僕が交渉しますので」と堀江さんは西久保さんに声をかけました。西久保さんは、プロバイダー事業が体力勝負になり集約することを知っていましたので、そうした提携はありうると判断しました。確か夏に企業買収の試みでアメリカに一緒に行ったりして、西久保さんは堀江さんを信用しはじめます。そしてライブドアの買収が佳境に入り、次第に世のうわさになるころ、西久保社長から堀江さんに全く連絡が取れなくなります。
そう。堀江さんは西久保さんのゼロが最大の競争相手になる、ということを史っていて(当時のゼロはキャッシュが40億円以上あって潤沢でした)、西久保さんの動向を探るために接近し、情報をとったのです。そして抜け駆けをして交渉をまとめ、さっさと連絡を絶ったのでした。堀江さんの一言「だまされるほうが悪い!」は今でも教訓にさせていただいています。
 結局、堀江さんは会社の知名度(とユーザー)を五億円で買ったのであり、すぐにエッジからライブドアへと社名変更をします。自ら作ったブランドを大事にせず、倒産した会社の知名度を買う。堀江さんの合理行動の面目躍如ですが、長い目で見ると「利害で社名を買えた会社は再び利害にて社名を変えるだろう」と予言しておきます』



そりゃビジネスの世界は「生き馬の目を抜く(生き牛の目をくじる、とも)」ような世界だってのはよく聞くけど、それにしてもこの変わり身は極端すぎるんじゃないだろうか?そもそも、人間関係を壊す前提で人と交流関係をつくるというのは、本当にビジネスを行う上でプラスになるものなんだろうか、と思ってしまう。

以前の大学で所属していたゼミの教授がよく言う言葉は、「信頼を得るには10年かかる、でも信頼を失うのは一瞬だ」であった。その教授は大学で教鞭をとる以前は一部上場企業で30~40年ほど勤務しており、かなりの上の地位まで昇った方であるだけに(そうでなかったら大学教授の声はかからないよね)、言葉に重みがある。そして、僕も一瞬にして失った信頼の数が両手の指をゆうに超えるので、その教授の言わんとすることは痛いほど分かる。相手から何の連絡も返ってこなくなって、初めて「あの時に信頼を全て失ったんだな」って気づくものなんですね…。まぁ、そんな話はおいておいて。

ということで、信頼を築くために、常日ごろから人に対して礼儀を尽くし、努力を怠るな、というのが教授の教えであるが、「ロビンソン・クルーソー仮説」で語られるホリエモンの言動からは、どうにも信頼関係を築こうという姿勢が感じられないんだよねぇ。自分とは関わりのない人なのだが、それでも、彼の他人に対する姿勢はどうにも好きになれない。

初見の人を騙して、そこから利益を得る代わりに信頼関係を失っても、世界は広いからいくらでも騙せる人がいるじゃないか、っていうのは一つの社会に対するアプローチの仕方かもしれないけど、その考え方については面白い知見がある。

政治学者のアクセルロッドが行ったコンピューター上のシュミレーション(1984)において、最後まで生き残るプログラムは「最初は相手に対して協力的であり、それ以降は相手が前回選択した手を、次の自分の手として選択する(TFT)」というアルゴリズムを持ったものであった。すなわち、最初は親切だけど、相手が意地悪してきたらこっちも意地悪で返すし、相手が親切してきたらこっちも親切で返す、という「応報戦略」をとるものが最終的に勝ち残る、ということである。ちなみに、最近の心理学研究によると、相手の悪意に対して報復するTFT型ではなく、相手が悪意を示してきたら関係を解消するOFT型というのが生存戦略上有利であるらしい。

これらの理論を実社会にあてはめるとすると、社会的に認められた人というのはTFT・OFT型の戦略をとっているということになるだろうか。これらの戦略の面白いところは、自分からは決して相手を裏切らない、ということである。礼儀を守るとか、信頼を失わないような行動を常日頃行うというのは、こちらは親切な姿勢であなたに接しようとしてるんですよ、というメッセージ、すなわち「協力的態度」を送っていることと同義である。そしてそれは、相手からの「協力的態度」を引き出すことにもつながるだろう。なぜなら、このモデル通りであるとすれば、社会の上層にいる人々は大半がTFT・OFT型の人たちであり、だからこそ自分が「協力的態度」を示せばたいていの人は同じ選択肢で「応報」してくれることが高確率で予想できるのである。

ホリエモンは、上記「ロビンソン・クルーソー仮説」によると、おそらく最初は親切・後に自分から裏切る型であるように思う。そして、その型は社会の上層に食い込むことが出来ないことが予想されるのである。それでもあれだけの人脈と社会的地位を築けたということは、現代がアクセルロッドの時代と違ってきているのか、それとも闇社会のバックアップがあったからなのか…。僕には分からないことである。

(続く)



スポンサーサイト
  1. 2006/02/03(金) 02:37:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

たびたびで恐縮ですがご招待です

「ホリエモン事件と防衛施設庁談合事件」に関するクイズを作りました。
「防衛庁/防衛施設庁関連で、かつて実際にあった談合はどれ? 」
というタイトルの記事です。
問題は、防衛施設庁が購入する際に談合が行なわれたのはどれ?
解答の選択肢は □ジェット燃料 □乾電池 □タイヤ の3つ
正解は→ http://q-q.at.webry.info/200602/article_9.html
 他にも「雑学クイズ」が370問ほどあります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
  1. 2006/02/03(金) 20:35:15 |
  2. URL |
  3. 素町人 #-
  4. [ 編集]

オススメHPを紹介します!

HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
  1. 2006/02/04(土) 12:36:18 |
  2. URL |
  3. サガミ #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/6-64f4d364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嬉しい日

メールをくれた人が何人かいた♪ちょっと嬉しい(*゚∀゚) 非常に探しづらかったのこと・・・・申し訳ない(涙これから順番にかえしていくのでまってってください。まだまだまってるよう*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
  1. 2006/02/03(金) 18:16:22 |
  2. 十代♀上京ほーむれす日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。