続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホリエモンに至る病~その2~

ホリエモンのパーソナリティを現代思想的に分析しようかと考えてこのブログを書こうと思ってたんだけど(かなり事件の尻馬に乗ってる感がありますね、へへ)、最初の構想のまま書きつつけると、とんちんかんな方向に話が行ってしまいそうだということに気づいた。というのも、情報を集めてるうちに、ライブドア事業の周辺にえらくきな臭い香りが漂っていることを感じてきたからである。

1/18に起きた、HS証券の野口副社長が沖縄で自殺した(と言われている)事件は、(おそらく)野口氏が非常ブザーを2度鳴らすなど、現場状況から他殺の線が有力であったところを警察が自殺として無理やり手続きした(週刊文春2006年2月2日号に詳細が載っている)らしい。しかも、同号の文春にはホリエモンがオンザエッジ(ライブドアの前身)時代に広域指定暴力団傘下の組関係者から数千万円を借りたとも書いてある。銀行の融資じゃないってとこがヤバい臭いがする。

ちなみにその組関係者からも「ホリエモンは…、裸足にスリッパみたいな格好で、礼儀を知らないやつだ」なんて言われてたらしいが、よく無事に借金を返せたなぁ、と思ってしまう。

ライブドアに社名変更してからもそのようなつながりは続いていたんだろう。野球球団の近鉄を買収するときも、本当はその時点でライブドアは数十億の赤字をかかえていたはずが、10億~30億用意するなんて話をしていたらしいし(結局買収には至らなかったけど)。ナベツネも日枝会長もそりゃあライブドアの参入を敬遠したくなるよね、と思ってしまう(ウチダ先生のブログより)。ちなみに、野口氏があのようなことになってから逮捕までの間、ホリエモンは関係者に「命を狙われている」なんて漏らしたらしい。

これは僕の想像だけど、最近まで、裏社会からお金と企業買収のためのコネを提供してもらうかわりに、投資事業組合でライブドアの資金と一緒に闇マネーをロンダリングするなんてことが行われていたんじゃないだろうか。

ここまでの話はネット上で散見される情報を集めただけなので、事実かどうか分からないのだが、ライブドア幹部が逮捕された後もマスコミが執拗にネガティブキャンペーンをやってたり(読売が1/30に「ライブドアの経営モラルの欠如を指摘する識者は73%」なんて記事を載せましたね)、国会でライブドアとのつながりについて答弁を繰り返してるのを見ると、どうも裏に何かあると思ってしまう。

ここからも僕の想像であるが、今回のライブドア株の売り殺到も、マネックス証券が担保掛目を0にしたことが原因、すなわちトリガーを引いた、って言われてるけど、これも誰かが裏で糸を引いてるんじゃないかなぁ。場中に掛目0にするのは証券界の常識からかけ離れてるらしいし、まさかそれを知らない松本社長でもあるまい。中堅どころの動きやすい証券会社に損な役回りが与えられたってところで、後日見返りがあるんじゃないのって、勘ぐるのが好きな僕としてはそう思ったりする(株で損をした方がいるのにこんな予想を立てるのも不謹慎かもしれませんが。それと、実は掛目っていうのがよく分かってないので、間違ってたらすみません)。

もしライブドアが裏社会につながりがあるとして、何で経団連に入れたのか、とか、何で自民党が一時公認したのか、って話になると思うんだけど、単純に知らなかったってことは考えがたい。利用しようとしたのか、それとも権力争いのコマにしようとしたのか。想像がつかない。

ちなみに立花隆が、2005年4月の「メディア-ソシオポリティクス」(立花氏のHP←山根治blog「ホリエモンの錬金術」経由)でライブドアと闇社会とのつながりを予想していたが、いやはや、話題になっているところでは話題になってたんだね、って思う。

まぁ、これらの裏事情が本当だとしたら、マスコミはライブドアの経済界参入を阻止するべく意図的に世論を操作しようとした可能性があるわけで、マスコミの記事をもとにホリエモンのパーソナリティ分析をしようとすると的外れになる可能性があるわけで。でも、だからといってホリエモンの著書を買う気にはなれないけど(ホリエモングッズは不良債権化しているらしいけどね)。

(続く)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/30(月) 22:57:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/5-bc723768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。