続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

構造主義的恋愛論~その5~

更新が滞ってしまい、ちょくちょく訪問してくださってる方には申し訳ないです。久しぶりの更新です。

『そうだ、村上さんに聞いてみよう』(by村上春樹)に書いてあったんだけど、女性から「私のどんなところがいいか100個あげてみて」って言われたら、「なんでそんな子供っぽいことを聞くんだ」と答えるんじゃなくて、101個並べるのが男ってものなんだそうだ。そんなハードボイルドなところが村上春樹らしいと思う。

え?そんな風に女性から聞かれることが現実にあるのかって?知り合いのイブラヒモビッチさん(仮名・男)に聞いたところ、やっぱりお付き合いしている女性からそう聞かれたことがあるそうだ。彼曰く、いくつかストックフレーズを常に持っておくといいとのこと(優しいとか、気がきくとか)。ストックフレーズなんていうとこずるく聞こえるかも知れないけど、要は「いつ聞かれても大丈夫なように準備してる」ってことが重要だと言いたいんだと思う。


さて、恋愛論の続きをば。

フロムは"尊敬"を愛の要素として挙げている。尊敬の語源である「respicere=ながめる」に従って、人をあるがままに見、その特異な個性を知る能力が尊敬であり、相手がその人自身としてありのままに成長し、発達すべきであるという考え方を示している、と指摘している。

このフロムの指摘は得心できるものだと思うんだけど、ここで一つの疑問がある。自分を尊敬できない人間が、他人を尊敬できるのだろうか?

カール・ロジャーズは、カウンセリングの際には、カウンセラー自身が感じていることを大切にしろ、と主張している。というのは、クライアント(患者)の言うことを鵜呑みにするのは、逆にクライアントに警戒心を抱かせてしまうからであるらしいのだ(でも相手の存在自体は無条件で受け容れるのが大切であると主張しているところがロジャーズの面白いところである)。

自分が本音を打ち明けたら、相手にも本音を打ち明けて欲しいと思うのが人情だと思う。そして、本音を打ち明けたときに自分の本音に無理に同意してくれるより、たとえ同意してくれなくても相手の本音が聞けた方が、相手に好意を抱けて、人間関係はむしろ良い方向に転がるんじゃないか、というのが(大雑把に言うと)ロジャーズの主張するところだと思う。それを実践するのは難しいことだとは思うけど。

さらに、自分が今感じていることを無理に抑え込んで「相手の言うことを正しいと思うようにしよう」っていうのは、自分の本音を出ないだけでなく、自分のあるがままを否定している、すなわち尊敬できていない、ってことなんだと思う。そうやって一種の自己否定が続くと、相手に対する無意識の嫌悪感みたいなのが出てきて、それはいつしか相手に伝わることになってしまう。身体から出てくるメッセージって、なかなか隠せないものだと思うんですよ。そしてそれって、自分の身体が相手を否定してるってことなんじゃないだろうか。

結局、自分のあるがままを否定することは、相手の否定につながってしまう。逆に言えば、自分のあるがままを認めることが相手のあるがままを尊重することにつながるし、そうやって相手が相手らしくあることを認め、称えることが愛するってことなんじゃないの、っていうのがフロムの言うところの愛なんだと思う。自分を愛するっていうのは、その第一歩としての行為なのである。

簡単に言うと、「自分色に染めたい」とか「染められたい」っていう依存的な付き合いはお互い負担になるし、お互いのためにならないよ、って話で、無理やり相手色に染まっても相手はあんまり喜ばないかもよ、って話でした。でも、お互いに影響し合わないってのもつまらないんじゃない、って意見は当然あると思うんだけど、相手を尊重しつつ自分色に染まって欲しい場合は、「染まって欲しいけど、染まるかどうかはあなたに任せるよ」っていう感じの控えめな恋愛の方が、強攻めよりも長続きするんじゃないでしょうか。



PS 全然本文と関係ないけど(またもや観念奔逸)、ズラタン・イブラヒモビッチはスウェーデン代表のサッカー選手だそうです(決して吊るし肉をサンドバック代わりに殴ってません、ってこのネタが分かる人ってどれだけいるんだ?)。イケメンです。
下のサイトで活躍シーンが観れます。
FCズラタン
たまにリンク切れになってる動画もありますが、根気強くクリックすると華麗なプレーが観れると思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/19(月) 06:21:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

いつか聞かれるときのためにストックを用意しておくのは賢明だよね。面接みたいに。すぐにいくつかは答えられないと、疑念を与えかねないし。

ところで、ロジャーズは私と気が合いそうだな(笑)。今度読んでみようかなぁ。
  1. 2006/06/25(日) 22:17:51 |
  2. URL |
  3. sea-syo #-
  4. [ 編集]

ええと

うーん、確かに、疑念をもたれないように、って意味でも大事かも知れないですね。まぁ、ストックっていうと表現が悪いかも知れませんが。
ロジャーズ、多分sea-syoさんにマッチすると思います。お勧めですよ。僕の筆力ではあの凄みを言い表せないのが残念ですが。
  1. 2006/06/26(月) 01:56:12 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/41-8211b83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。