続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しゃっくりの止め方とクマムシについて(この2つは全然関係ありません)

先日、スズケンさんにしゃっくりの止め方を聞かれたので、このブログにて返答させていただこうと思う。

まずはしゃっくりの定義から。読むのが面倒くさい方はとばしてください。

しゃっくりは医学用語では「吃逆(きつぎゃく)」といい、声門が閉じた状態での横隔膜の不随意な収縮による吸気運動である(朝倉内科学第8版、P141)。

要は、横隔膜の痙攣、ってことのようです。

横隔膜が刺激されると生じるんだけど、深いボディブローでも食らわない限り横隔膜が直接刺激されることはないだろうから、たいていは横隔膜を支配する神経に刺激が与えられることでしゃっくりが生じるものと思われる。

ちなみに、横隔膜を支配する神経は横隔神経で、頚髄から出る。さらに、延髄の呼吸中枢の支配を受けるので、頚髄→横隔神経→横隔膜のルート、もしくは延髄→脊髄→運動ニューロン→横隔膜のルートのどの部分が刺激を受けても、しゃっくりが生じる可能性がある。

ということで、炭酸飲料を飲んで食道を介して横隔神経が刺激された時や、おしゃべりしてて声帯の刺激が神経に伝わった時などにしゃっくりが起こるらしいんだけど、そのような場合は一般的に短時間(数回とか数分)で止まるようだ。

ただ、長時間止まらないしゃっくり(持続性吃逆)の場合もあり、そのときは以下のような疾患が原因となるようだ。

先ほど、横隔膜の神経のルートは2種類あると書いたが、それらのどの部分が刺激を受けるかによって、中枢性吃逆(脳と脊髄に刺激がいく場合)と末梢性吃逆(それ以外の部分に刺激がいく場合)に分けられ、中枢性だと脳腫瘍、脳出血、糖尿病、アルコール中毒などが原因に、末梢性だと、食道や胃などの炎症・腫瘍などや、心筋梗塞なども原因となりうるそうである。

こう考えると、しゃっくりといえども決して馬鹿には出来ないですね。



さて、ここからが本題。

短時間で止まるようなしゃっくりが、たまたま止まらなかった場合の止め方についてであるが、朝倉内科学には「一般に冷水や食塊の嚥下、息を止める、…舌根部の刺激やくしゃみの誘発など」が治療法として挙げられている。横隔神経をもう一度刺激しなおして、ショック療法で横隔膜の痙攣を止めろ、ということのようだ。それで止まらなければ、抗痙攣薬のバクロフェンを投与したり、シサブリド・オメブラゾール・バクロフェンの三者併用のCOB療法というものを行え、と書いてある。

ちなみに、医学都市伝説さまには、以下の治療法が臨床の現場で用いられているしゃっくり治療法として掲載されている。

①プリンペラン(吐き気止め)の静注。それでダメなら②コントミン(抗精神病薬のクロールプロマジン)を少量の生理食塩水にといて点滴。それでもダメなら③キシロカインを1mg/kgで点滴。

なんだ、朝倉内科に書いてある方法と違うじゃないか。辞典の内容をそのまま臨床で使えるわけではないということなのか…。

でも、しゃっくりでわざわざ医者に行くのもなんだよなぁ…、って思う方も多いのではないかと思う(僕もしゃっくりで医者には行きたくない)ので、一人で治せる方法はないかと探してみたら、下のような治療法が見つかった。

(1)お酢を飲む(by医学都市伝説さま)
これは結構効くらしい。僕もしゃっくりになったときは試してみようと思う。

(2)舌を30秒ほど引っ張ってもらう(byあなたの健康百科さま
乾いたガーゼなどで引っ張ると迷走神経が刺激されていいそうだ。

(3)眼をこする(byメルクマニュアルさま)
迷走神経刺激になっていいらしい。おそらくAshner法と同じだと思われる。迷走神経刺激がなぜ横隔膜の痙攣を止めるかについて、色々な資料を見てみたけど、載ってないんですよね~。多分、迷走神経刺激→吸息抑制(ヘーリング・ブロイエル反射)→横隔膜が比較的伸びたままになるから、なのかなと思うのですが…。どなたかご存知の方、教えてください。

(4)びっくりさせる
これはよく聞くけど、まぁ相手がいないといけないから、難しいかも。

(5)柿のへたの煎じ薬を飲む(by生活知恵袋さま)
効くらしいけど、どこに売ってるんだろう…。

(6)ロシアのバレリーナがやってるポーズをする!(byRuputerFunさま)
手を後ろに組んで、後方に反らしながら、上体を前方に90度傾け、その姿勢のまま水を飲ませてもらうといいそうだが、う~ん、すごい治し方だ。
おそらく直接横隔膜を伸ばすのではなく、息を吸いにくくして血中二酸化炭素濃度を上げるのが目的と思われる。
 
試してみた方、報告などいただけると嬉しいです。


それと、SENZAさんから、クマムシってどんな生き物だ、と聞かれたので、詳細が掲載されているHPを紹介します。

俺様イズムさま
以前は動画が見れたんだけど、リンク切れになってしまったようで…残念。

と、思ったら別のHPで動画を発見したのでリンクを貼らせてもらいます。
高知大学キャンパス内のMovieさま

ということで?、クマムシは最強の生物です。以上。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/06(木) 02:53:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ありがと

しゃっくりしたら、こんどやってみるわ。
くまむし、ぼくも大好きです。
  1. 2006/04/06(木) 10:41:14 |
  2. URL |
  3. Ken Suzuki #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

スズケンさん、コメントありがとうございます。
無理やりコメントを書かせてしまうようなブログを書いてしまって、むしろすみません。
しゃっくりの止め方は、僕も今度自分で試してみたいと思います。
クマムシ、いいですよね。地球上で一番最後まで生き残る生物候補No.1といったところでしょうか。
  1. 2006/04/07(金) 00:00:07 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/29-8006b0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。