続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アフォーダンス

本日はかつての会社の上司と呑んで来た。語り明かしてたら、5時半から11時まであっという間に過ぎてしまった。楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。今度夏に帰省したときに一緒に飲みましょう。

さて、どのような経緯でそうなったのかは忘れてしまったが、飲みの席でアフォーダンスの話になった。アフォーダンスとは「動物にとっての環境の性質」のことである。例えばイスは座ることをアフォードする、すなわちイスは人間にとって「座れる」というアフォーダンスを持っている、と考えられる。

こう書くと、誰が見てもイスは座るという行為を促すように聞こえる。その考えの延長(っていうか原型かな)が、理想的なイスっていうものがきっと世の中に存在して、それを形作ることが出来れば誰が見ても満足なイスが完成する、なんていうプラトン的(アリストテレス的?)な考えだと思うんだけど、現実的にそんなイスが世の中に存在しないであろうことは直感的に分かると思う。だって、大きさ一つとっても、大人にとって理想的なイスは子供や老人にとっては大きくて座りにくいだろうからね。

アフォーダンス理論が面白いのは、ある特定の環境が万人に共通の価値を提供するのではなく、ある環境が個体に認知されたとき、その個体が自分の身体感覚を意識的、もしくは暗黙的に認識して、その結果として環境に対してある行為が促される=アフォードされる、という考え方を導き出したことである。

かなり分かりにくくてごめんなさい。イスの例を出すと、僕がイスを目で見たとき、その形から、無意識的に自分の身体の大きさや動きと照らし合わせて、「この腰掛の高さなら座れるな」と感じて、その結果イスに座る、ということになるわけである。

自分が見たものに対して、身体感覚からのフィードバックを受けて、その見たものに対してアクションが促されるということは、アフォーダンスには個人差があるということなんだけど、じゃあなるべく多くの人が同じようなアフォーダンスを感じるような形状を考えてみようか、ってな方向でも研究は進んでいるらしい。

例えば「誰のためのデザイン?」ドナルド・ノーマン著という本では、アフォーダンスを促すさまざまなものについて豊富な例が挙げられている。ドアノブの形状は回すことをアフォードするし、エレベーターの押しボタンの形状の三角は上行き、逆三角は下行きをアフォードする、などなど。

このアフォーダンス理論について関連した事件がある。

1982年2月にホテルニュージャパンで死者33名・重軽傷者34名を出す火災事故があった。聞いた話によると、宿泊客が逃げ損ねたのは、閉じ込められた客が、どうも引き扉を間違えて押し続けてしまったため、扉が開かず、そのうち後ろから客が折り重なって扉を引くこともできず、焼死(一酸化炭素中毒死)してしまったのだそうだ。押し扉か引き扉か、ぱっと見ですぐ分かるような造り(適切なアフォーダンス)にしていればもう少し事故の規模は小さくてすんだのかも知れない。

アフォーダンスっていう考え方が存在する、ってことを知ってるかどうかだけでも、ずいぶん違うと思うんだよね。ただ、そういった「今の仕事に直接関係ないけど将来役に立つかも知れないな」的なことまでは、精神的な余裕がないと気が回らないかもしれないね。

「ホリエモンに至る病」で、即物的な価値観の持ち主は、起こるか起こらないか分からない事故のために精神的および金銭的リソースを割かないだろうということを書いた。逆に言えば、そのようなことに気を回すことが出来る余裕が、個人や集団の”豊かさ”につながり、そしてその豊かさへの投資が、いざというときに自身を助けることになるんだと思う。けど、こういう無形の価値観に金銭を稼ぐこと以上の価値を見出すような思想は、果たして資本主義と相容れるんだろうか?

なんにせよ、余暇は大切ですよね、SENZAさん。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/22(水) 02:28:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/21-9fc78abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。