続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近読んだ本

ばんじょーです、こんばんは。

この土日で4冊本を読みました。読書できる時間があるというのはありがたいことです。


原発のウソ』小出裕章著、扶桑社新書、2011年6月1日初版

原発の闇を暴く』広瀬隆・明石昇二郎共著、集英社新書、2011年7月20日初版

この2冊は、現在福島で何が起こっているか、東電と政府の今回の原発事故に対するスタンスがどのようなものであるかを学ぶ上で非常に有益だと思います。ロジカルかつ数値的な裏付けでもって、日本の原子力産業の馴れ合い構造にメスを入れている2冊です。

官僚の責任』古賀茂明著、PHP新書、2011年7月29日初版

官僚のメンタル構造について、キャリア官僚である著者が論じた本です。上記2冊と併せて読むと、なぜ原発問題に対して国の対応が後手に回っているのかが伝わってくるのではないかと思います。
古賀氏の発送電分離案が実現していれば、原発盲信も多少は変わっていたのかもしれません。
後半は将来の展望系の話が多かったので斜め読みしてしまいましたが…。
大阪府知事選に維新の会推薦で古賀氏擁立の話があったようですが、話がなくなってしまったようで残念です。

チェルノブイリ アメリカ人医師の体験』R.P.ゲイル・T.ハウザー共著、岩波書店、1988年12月初版
チェルノブイリ事故の際、放射線被曝で白血病にかかった患者さんに対する骨髄移植を行うために、アメリカから招へいされソ連の病院で活躍した医師のルポタージュです。
チェルノブイリ事故がこういうものだったんだ、という雰囲気が伝わってくる作品です。大半斜め読みしてしまいましたが、医師の文章らしく、医学的な記載には迫力があります。
「胎児は妊娠後8週目から15週間目にかけ放射線に被曝すると、精神遅滞にもっともなりやすい」(p205)
福島では、妊婦さんの避難が遅れてしまったものと思いますが、心配です。

以上です。明日から仕事頑張りますか…。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 00:04:27|
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/22(火) 04:10:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/179-1b1f92e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/19(月) 10:08:01 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。