続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず、お疲れ ~産婦人科研修期~

某巨大掲示板からの引用です。

『皆さんは、現在、テレビ東京でプロ野球解説者をしている元横浜ベイスターズのV戦士、駒田●広選手をご存知でしょうか?元々巨人軍に在籍していて、顔が長いことから「ウマ」などと呼ばれていた選手です。

駒田選手は結婚して2ヶ月で離婚しています。2ヶ月。スピード離婚もいい所です。
元々 この結婚はできちゃった結婚でした。入籍した時、奥さんは既にお腹が相当大きかったそうです。
2ヵ月後。奥さんに陣痛が!駒田は一緒に病院に行きました。分娩室の中で、奥さんの手を握り、一緒に出産を乗り越えようと頑張る駒田。

オギャー!オギャー!   

??

分娩室の中は異様な空気だったそうです。なぜか・・・。それは、 赤ちゃんの肌の色が、黒かったんだって・・・。

助産婦さんも駒田におめでとうございますとは言えなかったそうです。
駒田は呆然としながら奥さんに言ったそうです。

「とりあえず、お疲れ。」 』



おくりばんと


ばんじょーです、こんばんは。 いきなりの引用、駒田選手のファンの方にはすみません。ネットの文章なので真偽のほどは不明なのですが、さすがにこんな状況では分娩室の空気も異様になってもやむをえない気がします。しかも画像は川相昌弘選手のものですね。ダブルですみません。

さて、自分は先月まで初期研修で1ヶ月ほど産婦人科をローテートしていました。夜中の4時に叩き起こされて分娩に立ち合ったり、遷延分娩になった母に会陰正中側切開を入れさせてもらったり、産後の大出血を見てマスクの下で顔を青くしてたり、いろいろと思い出深い一ヶ月でした。あの頸管裂傷の大量出血の患者さん、死ななくてよかった…。
産婦人科を回ると、「母は偉大だ」とつくづく思います。
ちなみに今は外科にいます。朝7時から夜10~12時までの勤務、土日なし(運がいいと半日で帰れる)。休みは月に2日。そのうちの貴重な1日をブログ作成に費やしてるあたり、何かが壊れてる気がします。


さて、せっかく産婦人科を回ったので、巷でよくみかける質問に答えてみようかと思います。たかだか1ヶ月の研修なもんで、反論は多々受けそうですがご海容のほどを。

①産婦人科医は女性器ばかり見る仕事だけど、いやらしい気持ちになったりしない?
自分も1ヶ月の間にかなり診察させてもらったのですが、そういう気持ちにはほぼならなかったと思います。そもそも、女性器を見て女性を口説くって習慣は、たいていの男性にはない気がするんですよね。それに、診察台にはカーテンがかかっていて、基本的に患者さんの顔が見えないようになっていますしね。
まぁ、誤診したら自分の首が飛ぶ可能性もあると思うと真剣に診察しなければならないし、基本的にとんでもなく忙しいので、いやらしい気持ちになる余裕なんてないんじゃないでしょうか。だから検診に来る女性の方々は、それほど心配しなくていいのではないかと思います。



②女の産婦人科医がもっと増えて欲しいんだけど、なんで男が多いの?
2004年の産婦人科学会会員報告では、男12377人に対して、女3514人だそうですね。そして、20代産婦人科医師の7割が女性なのだそうです。ただ、出産を期に女性が産婦人科から離脱する割合は、妻の出産を期に離脱する男性の2倍で、さらに出産後も産婦人科を続ける女医さんが分娩を取り上げる件数は、未出産の女医さんと比べて約1/2になるそうです。
(ソース:「産婦人科医師不足の背景と現状横浜市立大学病院産婦人科Dr.のシンポジウム資料。PDFで開きます)
産婦人科は基本的に、帝王切開・子宮筋腫切除、卵巣・子宮体頸癌などの手術を取り扱う外科系の科ですので、体力勝負なところがあります。また、お産を含め、緊急手術による時間外・夜間の呼び出しを覚悟しなければならない科でもあります。例えば出産後の女医さんが、自分の子供が40度の熱を出して寝込んでいるときに、真夜中のお産の呼び出しを優先させなければならない状況があったとすると、そりゃ分娩取り扱い件数も減っても仕方ないのかな、と思います。ただ、産婦人科の女医さんは増えつつあるようなので、出産後の女医さんのサポート体制を医療側がどう整えるかが、今後の出産後の産婦人科女医の確保に重要な影響を及ぼすように思います。
いずれにせよ、産婦人科って、ほんとうにハードな仕事だと思いますよ。

稚拙な意見、失礼いたしました。ではまたごきげんよう。

おまけ現役産婦人科医に聞きたいことあるやつなんか書いてけ
書き方をみると産婦人科経験年数の高い方が答えてるのでしょうか。参考になります。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 13:45:32|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/12/08(日) 10:30:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/171-794ff7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。