続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灰燼に帰す

ばんじょーです,こんばんは.

卒業試験が終わって,すっかり燃え尽きてました.精神的に灰燼に帰してます(灰燼に帰す=跡形もなく燃え尽きる).そのうち卒試で培った一夜漬けの知識が消失すればAshes to Ashesとなるわけです.おっといけない,忘れることに対してネガティブになってしまった.忘れたらまた覚えなおせばいいだけじゃないか,ははは.
医学部予備校の業界(世間には,医学生が国試に受かるために通う予備校があります.多分世間の大半の方は知らないと思うんだけど)では超有名講師のH田先生も「忘れることを恐れるな」って言っていました.これから半年,忘却と記憶の回廊を延々とめぐりたいと思う所存です.

とりあえず近況報告から.

まず,卒業試験ですが,自己採点した限りでは卒業できそうです.答案のマークシートの記入ミスがなければ大丈夫なはず.お世話になったみなさま,本当にありがとうございました.

次に,就職先が決まりました.母校です.大学病院なんで変わり映えがしないけど,まぁ勝手知ったる場所なんで,気張らずに仕事が出来そうです.もちろん国試に合格しないと働けないので,これからまた勉強を頑張りたいと思います.来年一緒に働くみなさま,よろしくお願いいたします.


さて,先日知り合いから相談を受けた.
知人の父親が呼吸困難で某大学病院に入院したんだけど(うちの大学ではありません,念のため),医療ミスで訴えるべきなのかアドバイスが欲しい,とのこと.

父親は,最初呼吸困難を訴え(夜間の咳がひどかったらしい)救急外来を訪れ,鼻からスチームで薬剤を投与されたらしい.が,その後意識が朦朧としたため,入院.その後病院側から「誤って通常量の10倍の薬剤を投与してしまった.申し訳ない」との謝罪を受けた.

その際「検査のため入院して欲しい」と言われ入院したのだが,入院費は患者持ちだと言われ(薬剤だけが原因とは限らないし,別の疾患がある可能性があるので,と病院側は説明している),さらに担当医が決まっておらず,投与した薬剤が何であるかの説明も受けていないらしい.父親は意識朦朧状態が持続しているためなし崩し的に入院となっているが,一連の成り行きに不信感を抱いた知人が,医療ミスで治療費を請求されることに対して訴訟という手段に出るべきかどうか悩んでいる,ということなんだそうだ.ちなみに入院2日目の話である.

事情をよく知らない上に,働いてもない医学生が無責任なアドバイスをするのもどうかと思いつつ,困っている知り合いに無碍に対応するのもどうかと思ったので,せめて患者さんと病院側の関係がこじれない方向で(つまり無難な方向で)事が進むようなアドバイスをするといいのかな,とか思いつつ話を聞いてみる.

担当医が決まっていないことについて,救急の医師が自分の科とは関係のない疾患で来た患者さんの場合,どの科で患者さんを受け持つかについてすぐに決められない場合があるようだ(実習先でそういうケースを見たことがある.お年寄りで複数の疾患を持っているような患者さんに多いらしい).また,病院側から説明がないことについて,ある程度治療の方針が決まってから患者さんへの説明を考えてるかも知れない.

それらの可能性を考えて,とりあえずは病院側に,何科が担当なのかと投与した薬剤の名前を聞いてみるといいんじゃないか,と話してみた.いきなり訴訟っていうと病院側も身構えてしまうだろうから,まずは対話がいいんじゃないかと.とはいえ,さすがに10倍投与は病院側に責任がある気がするけど….

患者さん側からすれば,医療訴訟をちらつかせることで「この患者さんに対してはもっと丁寧に接しなければいけない」と思ってもらえるだろうという認識があるかもしれないが,逆に病院側は医療訴訟を起こすクレーマーであるという認識を持ってしまって対応が遠巻きになる可能性がある.
病院側にしても,治療方針が立つまであやふやなことは言わないほうがいいと考えて説明をしていないかもしれないが,患者さんにしてみれば意識朦朧=重篤という認識を持っていて,重篤であればすぐにでも説明をしてくれるべきだ,という認識であるかも知れない.患者さんの命がかかっているだけに,些細な(っていうと失礼かも知れないけど)認識の違いでもすぐに大きくなってしまう可能性があるんだな,と思った一件であった.

それにしても,いきなり医療訴訟っていう話が出てきたのには驚いてしまった.医療訴訟が人口に膾炙されて敷居が低くなったのだろうか.医療訴訟って聞くと,まだ働いてないにも関わらず身震いしてしまうくらいに恐ろしく感じるんだけど,医学部に入る前は「白黒つけるために医療訴訟は必要だ」とか思ってたんだよな.医療訴訟自体に関しても,患者さんと医師との間で認識の違いがあるんだろう.
知人の父親が快復することを祈るばかりである.



スポンサーサイト
  1. 2008/10/26(日) 23:20:34|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/130-547222d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。