続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホリエモンに至る病~その7~

これまでのブログで、ホリエモンが「人間関係における潤滑油的なものに価値をおかない」とか「リスクマネジメントに対して甘く考えている」といったことを書き、それが即時性に由来するものなんじゃないだろうか、と指摘してきた。

なぜそれが即時性につながるのかというと、僕は「人間関係の構築」とか、「普段からのリスク管理を心がける」といったものは、時間をかけて積み重ねていくものだからだと考えるからである。村上春樹のいう「雪かき」的なことに通じるものがあるんじゃなかろうか。

もっとも、この考えは僕の経験からそう思う、というだけなので、「いや、そんなことはないよ」って反論されたらそれまでなんだけど。

それに対し、ホリエモンは「お金で何でも買える」と言っていることから、そういった「時間をかけて醸成されるもの」も買うことが出来ると信じているのではないかと思われる。お金で人の心は買えるって言ってるくらいだから、お金があれば壊れた人間関係は即座に修復できるし、事故があってもお金さえ出せば元の状態に修復できる、と。でも、お金をいくら払っても、絶交した友人の信頼が完全に戻るとは思えないし、もちろん事故で亡くなった人は戻ってこない。

ホリエモンのパーソナリティを再考するならば、その時点で自分にとって最大限の利益につながる行動をとり、将来起こりうるトラブルに対してはあまり考えようとしない、ってな感じなんだと思う。というか、リスク管理は彼にとっては無意味なんだと思う。だって、事故が起きたらお金で解決できるんだろうから。だから、将来のトラブルを回避するための人間関係の構築に価値を見出さないし、自分が株主のときは相手企業に「株主の利益を考えて行動しろ」って言うくせに、自社の株主相手には「会社は利益を出してるけど配当金は出さない」なんてことが出来るんだろう。

社会的には矛盾しているように思う。自分が損をしているときは権利を主張しておいて、得をしているときは義務を果たさないとは何事か、と。そのような行為は世間ではおそらくダブル・スタンダードと呼ばれるのではないかと思う。でも、ホリエモンの中では矛盾はないのではないだろうか。自分が損をしているときは権利を主張し、義務を果たさないことで不都合が生じたらお金で解決すればいいのだから。

むしろ問題は、そのようなパーソナリティを持つ人間がお金を得ることができる仕組みが世の中にあることなのかも知れないなぁ、と思ってしまったりもする。

時間をかけて築き上げたものを、一瞬でお金と交換できるという考え方を僕は「即時性」と呼んだんだけど、平たく言えば「ご都合主義」とか「行き当たりばったり主義」という感じになるんだろうか。それでもあれだけのし上がることが出来たホリエモンは相当な経営感覚の持ち主なんだろう、と思う。


で、ホリエモンだけでなく、このような考え方を持っている人間は世に増えているのではないだろうか、そしてそれは携帯の普及や24時間営業のコンビにが出来て将来のことを考えて計画的に行動する必要がなくなったことが原因なんじゃなかろうか、ってなところに話を飛躍させて、タイトルの「ホリエモンに至る病」に結び付けようかと思ったけど、その論理展開は今の僕の知識では難しいような気がするので、ここでいったん筆をおくことにします。中途半端でごめんなさい。気が向いたら加筆修正したいと思います。


ここまで読んでくださった方へ、ありがとうございました。

(未完、だけど一応完)
スポンサーサイト
  1. 2006/02/16(木) 01:35:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

お久しゅうございます

堀衛門生地、いや、ホリエモン記事を楽しく拝読させていただきました。深~い考察で大変勉強になりました。
私も「お金で何でも買える」的発言には拒否反応を示した人間ではあります。人間的に浅い部分もあるのではないかと。(いやままあ直接会話したことがないので本当のところは分からないのですが)
ただ、詐欺的なことをしたとはいえ、一人で会社をあそこまで成長させた手腕は個人的に評価しています。こちらの業界ではホリエモンの人間性は別にして応援している人が多いような気がします。やっぱり立場の違いでしょうか。
とはいえ、ホリエモンのせいで株をやって大損した人は全く違った見解でしょうね。。。

ところで、最近mixiに興味があるのですがコネがありません。もしやっていらっしゃいましたら招待メールをいただけないでしょうか。宜しくお願い致します。m(_ _)m
  1. 2006/02/16(木) 19:33:22 |
  2. URL |
  3. まほろん #F.fxzyr2
  4. [ 編集]

とうとう出ちゃったね

うわさは本当だったよ。
http://himitsu.ath.cx/4
  1. 2006/02/19(日) 23:34:35 |
  2. URL |
  3. ゆう #YZdnnNwY
  4. [ 編集]

>まほろんさん

木曜日から本日まで医師国家試験の受験生(6年生)の引率で仙台に行っており、ネット環境いなかったため、コメントが遅れてしまいました。ごめんなさい。

ホリエモン記事について、そうおっしゃっていただけると嬉しいです。会計士の業界(?)ではホリエモンは評価されているようですね。おっしゃるとおり、ホリエモンのパイオニアとしての部分は評価されていいのではないかとは思います。ネット業界でも、ライブドアの技術はしっかりしているのに経営面からの批判がそのいい面を覆い隠してしまっている、というような声が聞かれますしね。
ところでmixiの件、了解しました。パソコンのメルアドを教えてください(管理者だけが確認できるコメントで書いていただくか、直接メールいただくか、どちらでも構いませんので)。よろしくお願いします。
  1. 2006/02/21(火) 01:21:08 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/02/21(火) 23:43:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

書込ありがとうございます

>まほろんさん

書込ありがとうございます(って管理人限定閲覧コメントに返信しても、当事者以外何がなんだか分からないですよね)。

まほろんさんも大変そうですね。ネットの世界も広いように見えて案外狭かったりしますからねぇ。僕も匿名で記事を書いているつもりが、いつの間にかクラスメートに(と言っても数人ですが)知られてしまっているので、全然本名で書いても変わらないような状態になってます。

ところで、mixiの招待メールをお送りしましたので、よろしくお願いします。

勉強会、確かに馴れ合いになってもしょうがないなぁ、と僕も思うんですよね。まぁ、勉強会に参加するかどうかは、もう少し考えてみようかと思っています。
  1. 2006/02/22(水) 00:21:46 |
  2. URL |
  3. ばんじょー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishikawasss206.blog46.fc2.com/tb.php/10-2cb7b1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。