続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祭りのあと

ばんじょーです、こんにちは。

当直、終わりました。
心配してメールしてくださった先輩、ありがとうございます。当直医2人で無事に乗り切ることができました。

昨日の17時から本日朝8時半まで、計44人受診、うち救急車23台、入院8人でした(うちみたいな地方病院だと、普段より明らかに救急車数は多いのですが、大都市の大病院と比べるとこの件数が多いのか多くないのかはよくわからないです)。例年よりは落ち着いていたようです。気温もそれほど暑くなかったため熱中症の患者さんは例年より少なかったようです。大震災の影響で例年より客足が少なかったのも受診患者さんが少ない理由だったのかもしれません。

受診者の方は、さまざまでした。急性アルコール中毒(飲みすぎ)から、脛骨腓骨近位端骨折、眼窩吹き抜け骨折、大動脈解離(Stanford B)、脳梗塞、はてはむずむず病の方まで。みなさんのご病状が回復するように祈っています。

あとは泥のように寝たいと思います。病院のスタッフの皆様、各科の先生方、そして来場のみなさま、本当にお疲れ様でした…。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 12:36:51|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夢も、希望も、ないんだよ ~とある当直の話~

ばんじょーです、こんばんは。

現実逃避の2連発ブログです。

僕の住む市区(一応新幹線の駅があります)は、年に1回の全国的な祭りがあり、その日だけ市の人口が普段の10倍になります。その日だけ突発的に市の人口が数十万になるそうです。しかも、全国的な祭りなので、「死ぬまでに一度はこの祭りを…」みたいな重病の方が来たりします。

そして、僕はその日の病院当直を拝命してしまいました。なんということだ…。
ちなみに、去年は夕方17時からの4時間の間に、20台以上の救急車が来たようです。これを例年2人の当直医が対応しています。救急外来が広くないので、医者を3人以上に増やせないんですね。

例年の話を聞くと、今年も寝れない当直になるんだろうなぁ…。こんなに憂鬱な気分でお祭りを迎える人は、おそらく全国にもほとんどいないのではないかと思います。

ということで、今日、頑張ってきます。寝れないはいいにしても、重病の方が来ないといいなぁ…。
  1. 2011/08/27(土) 04:03:05|
  2. 医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢も、希望も、あるんだよ ~とあるアニメの話~

ばんじょーです、こんばんは。
例によってブログが放置気味ですみません…。そして例によって書き散らかしたいと思います。完全に備忘録ですみません。
最近、『魔法少女まどかマギカ』というアニメを見たんですけど、面白いですね。タイトルからほのぼのアニメかと思いきや、思いっきりダークファンタジーで、仕事ですり減りつつある自分のどす黒い心にぴったりフィットです。
ストーリーとしては、ネタバレしないよう例えて書くと、高利貸しみたいな組織が、甘い言葉で少女たちをだまくらかして、魔法少女にしてあげるかわりに少女たちを借金地獄に落としてくような話です。しかも、借金地獄に落ちた見ず知らずの少女たちを助けるために別の少女が高利貸しから借金をして魔法少女になって、その借金を肩代わりする代わりに彼女たちが新たに借金地獄に陥るっていう(そしてみんな借金地獄の仕組みに気づく前に死んでしまう)。
こう書くと救いようのない話に聞こえますが、あながち大筋からは外れていないのではないかと思います。まぁ、テーマも実際救いようがないと思いますし。
さて、高利貸し組織は、少女を魔法少女にする際に”何でも一つ願いを叶えてあげる”という特典をつけてきます。かっこいい魔法少女になれて、しかも願いごとが叶うってことで、いたいけな少女たちがひっかかってしまうわけですね。この願い事で気になったことを一つ。
唐突ですが、昔話に出てくる、願い事をかなえてくれる精霊っていますよね。ランプの精霊みたいな感じの。
そのランプの精霊が「願い事を一つなんでもかなえてあげよう」って言ってきたとき、例えば「(その精霊に対して)死んでください」とか「もう二度と願いをかなえないようにしてください」っていう願いをしたら、叶えられるもんなんでしょうか。そんな願いをするような寓話は聞いたことがないのですが、おそらく「願い事の数を100個に増やしてください」という願いが不文律としてダメであるのと同様に、精霊に不利益を及ぼす願い事もおそらくダメなんだと思います。
このアニメの主人公は、救いようのない魔法少女の負のスパイラルの仕組みに気づき、最終的には魔法少女を借金地獄から解放し、高利貸し組織の借金システムをぶち壊すような願いをかなえるよう要請します。結果としてその願いは成就され、話に救いが見いだされるわけです。
それについて、アニメ上は自然な流れで願いがかなっちゃいましたが、ハッピーエンドにもってくために、本来高利貸し組織はかなえるわけにはいかない願いがかなえられてしまったわけで、そこにストーリーの矛盾を感じてしまいました。とはいえ、それ以外は非常に完成度の高いアニメで、各所での評価も高い様子です。辛口ダークファンタジー好きには、そうでなくてもお勧めの作品です。
今回はアニメの紹介でした。アニメばっか見てないで仕事しろって話ですねそうですね。ということで、今日は頑張ろうと思います。
では。

リンク
「まどか☆マギカ」で考える「インキュベーター」の役割
  1. 2011/08/27(土) 03:51:00|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。