続・晴耕雨読

東北在住のへっぽこ医師ばんじょーの日々思っていることをつづったブログです。週2回くらいの更新を目指しています。スパムコメント対策のため、 コメント時に画像認証をお願いしております。お手数ですがご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近読んだ本

ばんじょーです、こんばんは。

この土日で4冊本を読みました。読書できる時間があるというのはありがたいことです。


原発のウソ』小出裕章著、扶桑社新書、2011年6月1日初版

原発の闇を暴く』広瀬隆・明石昇二郎共著、集英社新書、2011年7月20日初版

この2冊は、現在福島で何が起こっているか、東電と政府の今回の原発事故に対するスタンスがどのようなものであるかを学ぶ上で非常に有益だと思います。ロジカルかつ数値的な裏付けでもって、日本の原子力産業の馴れ合い構造にメスを入れている2冊です。

官僚の責任』古賀茂明著、PHP新書、2011年7月29日初版

官僚のメンタル構造について、キャリア官僚である著者が論じた本です。上記2冊と併せて読むと、なぜ原発問題に対して国の対応が後手に回っているのかが伝わってくるのではないかと思います。
古賀氏の発送電分離案が実現していれば、原発盲信も多少は変わっていたのかもしれません。
後半は将来の展望系の話が多かったので斜め読みしてしまいましたが…。
大阪府知事選に維新の会推薦で古賀氏擁立の話があったようですが、話がなくなってしまったようで残念です。

チェルノブイリ アメリカ人医師の体験』R.P.ゲイル・T.ハウザー共著、岩波書店、1988年12月初版
チェルノブイリ事故の際、放射線被曝で白血病にかかった患者さんに対する骨髄移植を行うために、アメリカから招へいされソ連の病院で活躍した医師のルポタージュです。
チェルノブイリ事故がこういうものだったんだ、という雰囲気が伝わってくる作品です。大半斜め読みしてしまいましたが、医師の文章らしく、医学的な記載には迫力があります。
「胎児は妊娠後8週目から15週間目にかけ放射線に被曝すると、精神遅滞にもっともなりやすい」(p205)
福島では、妊婦さんの避難が遅れてしまったものと思いますが、心配です。

以上です。明日から仕事頑張りますか…。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 00:04:27|
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

「あたし彼女」を読む

ばんじょーです,こんばんは.

『第3回日本ケータイ小説大賞』で大賞に選ばれた「あたし彼女」がネット界で話題になっているようだ.知らない方のために冒頭を引用させてもらうと,こんな感じ.(原文はこちらから)
「アタシ
アキ
歳?
23
まぁ今年で24
彼氏?
まぁ
当たり前に
いる
てか
いない訳ないじゃん
みたいな」

審査委員長の秋元康をして「こんな小説は読んだことない」と言わしめたらしいが,確かにこんな文体見た事ない.
ためしに僕も読んでみる.400ページ超あるんだけど,得体の知れない疲労感に襲われて200ページくらいで挫折.この文体を読み続けると,なんだか電車の中でたまたま隣に座った女子高生同士の会話を無理やり聞かされている気分になる.それでも「諦めたらそこでおしまいですよ」という安西先生の声が聞こえてきたので,途中をすっとばして350ページ目あたりから最後まで読んでみる.

夏目漱石は,読者には本を読む権利があるのと同じように途中で読書をやめる権利がある,ってことを言ったそうだが,読みかけの本を放棄するという決断もときには必要だと思った.
辛口ですみません.

ちなみに読んでるときに「勉強しないと試験のとき困りますよ」という声も聞こえてきたけど,それは無視

<ここから少しネタバレが入ります>

さて内容としては,今まで自分勝手に生きてきたけど,本当に好きな人が出来て,料理したり仕事を始めたりまっとうに変わっていってるよ,的な話だと思う.途中のストーリー150ページ分は『「あたし彼女」現代語訳』というHPで補完させてもらったため,適切かどうか自信はないが(間違ってたらすみません).

途中で主人公と彼氏が喧嘩して行き違いになってしまい,そのとき主人公の妊娠が発覚しするが彼氏に告げる間もなく流産してしまうっていうのはヘビーな内容なんだけど,小説の題材としてはありがちだろうか.

…と,最初はそう思ったんだけど,これって実は現代風シンデレラストーリーなのか?

最初は奔放な性行為を繰り返したり,行きずりの男の金を抜き取ってその金でパーティーを開いたりと社会の箍を外れた行動を取ってた主人公の元に,相性ぴったりの彼氏が現れる.その彼氏に感化されて仕事を始めるとかして社会に受け入れられるような存在に成長していく.彼氏が王子様だとしたら,その彼氏と出会う前の彼女を辛い境遇に置いていたのは,シンデレラにおける義母や義姉妹ではなく,現代社会のつながりの希薄さなのかも知れない.これはもしや,人間同士のつながりが希薄になった現代の病を表現するために,あえてぶつ切りの文体を使ったのか?

…なんて考えながら読んでると,多少は面白く感じるかも知れない.最後まで辛口でごめんなさいね.
  1. 2008/09/30(火) 01:04:05|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペンギンとワーキングプア(後編)

ばんじょーです、おはようございます。

先場所の大相撲では、朝青龍が優勝しましたね。おめでとうございます。さて、3/20の大相撲、朝青龍(横綱)と琴奨菊(関脇)の試合をテレビ観戦してたんだけど、あの琴奨菊の寄り切りは、相撲ファンの方には申し訳ないけど、正直八百長だと思いました。だって、琴奨菊はただ前に押し出してるだけだったし、朝青龍は反撃のチャンスが何度もありながらわざと見送ってるようにしか見えなかったもの(しかも、朝青龍は琴奨菊にたしか7連勝中だったはず)。しかも1敗の白鵬(横綱)が千代大海(大関)に引き落とされた後だっただけに、全勝の朝青龍がコケたのがなおさら意図的に見えたのである。

たまたま横綱の負けが重なっただけじゃないかって?でも、相撲八百長疑惑については、統計的に検証した資料があるのだ。
『ヤバい経済学(スティーヴン・D・レヴィット著)』曰く、7勝7敗の力士が8勝6敗もしくは9勝5敗の力士に勝つ勝率は、79.6%と73.4%だそうだ。相撲っていうのは、本場所で勝ち越せば(つまり8勝以上すれば)番付けが上がる仕組みになっている。7勝7敗の力士が勝負に気合を入れるのは当然のことだが、それにしても番付けがかかっているとはいえ、勝率5割の力士が突然勝率8割に上がるなんてありえるのか?ちなみに母集団は数百取り組み、検証する数としては十分だ。しかも、それらの力士同士が再戦した場合は、先場所で7勝7敗であった力士の勝率は4割くらいであるらしい。これは怪しい。

何年か前に、元力士2人が八百長および暴力団との関係について暴露しようとしたが、2人とも同じ病院で同じような呼吸器疾患で死んだんだそうだ。しかも記者会見の少し前に。その彼らが記者会見の前に告発した情報だと、八百長をしている力士と不正に手を貸さない力士の2者がいたとのこと。レヴィット博士がその情報と取り組みデータを照合したら、八百長をしている力士同士の対戦では7勝7敗の側がたいてい8割で勝っていて、公正な力士が相手だと、7勝7敗の力士の勝率は過去の対戦成績通りだったという(つまり、番付けがかかってるかどうかに左右されない)。これをどうとらえるかは読んで下さった方にお任せします。


前置きが長くなったけど、前回の続きを。

僕はかつて、住み込みで新聞配達をしたことがある。その頃は医学部の受験勉強を始めたときで、自力で生活費を稼ぎつつ、予備校に通いたいと思って新聞配達を始めたのだった。住み込みで仕事してたんだけど、そのときにあてがわれたアパートが、4畳半の部屋で、風呂はない、すきま風は吹き込むという代物だった。東京都内でその条件だと、家賃月3万が相場というところだろう。
さて、その頃の僕の生活は、およそこんな感じだった。朝3時に起きて集配所に行き、新聞にチラシを折り込み、原付の前カゴと後ろの荷台に山のように積み上げ出発する。300軒くらいに配達して集配所に帰ると朝6時くらいになる。その後集配所で作ってくれる朝食をいただいて、家に戻って2時間くらい仮眠。それから予備校に行ってから自習して、2時半くらいにまた集配所に行って、今度は夕刊の配達。150部くらいを配り終えて、集配所で翌日の朝刊に折り込むチラシを30分くらいかけて用意して、それから夕食を食べ、銭湯に行って身体を洗ってから帰宅、また勉強し、10時には就寝。実質勉強時間は1日6時間にも満たないだろうか。絶対的に時間が不足している。しかも、エレベーターがないマンションの5Fまで新聞持って駆け上がったりしてるから、節々が痛くて勉強に集中できない。

僕と同じ時期に仕事を始めたおじさんがいた。年は50くらいだろうか。
何でこの仕事を始めたんですか?僕は無粋にも聞いてしまった(あの頃は僕も若かった)。おじさんはしどろもどろになりながら、以前の仕事でリストラにあい、新聞配達をしている息子の勧めで自分もこの仕事を始めたんだと答えた。
そのおじさんは、朝食のとき、自分が青鼻を垂らしているのにも気付かずに美味しそうに味噌汁をすすっていた。僕はそれを見ながら「なんで鼻をかまないんだ、汚いなぁ」と思ったものだ。今思えば、自分はつくづく分かっていなかった。鼻が出てる感覚が分からなくなるというのが老いることなんだということ、老いた人間が新聞配達を始めることがどれだけ大変かということ、そして、貧困というものは人をそのような境遇に追い込むのだということを。

ある若い新聞配達員は、パチンコに入れ込んで翌月の給与まで店長から前借りしていた。ある中年の配達員は、集金を使いこんだという理由でクビになった。その人は何日も風呂に入っていないみたいで、顔は垢まみれで煤をかぶったようになっていて、酸っぱい匂いが2m先まで漂ってきていた。彼は新聞配達を何軒も渡り歩いて来たのだという。

ある日の朝礼で、店長が訓告した。
「新聞を配達するときはポストの奥まで入れろ。中途半端に入れると、ライバル新聞社が新聞を引っこ抜くんだ。それを何日か続けて、顧客がウチに不満を持ったときに、そのライバル社の販促員がその家に訪問するんだ。ウチの新聞を取りませんか、って」
新聞はインテリが作ってヤクザが配るとはよく言ったものだ。こんなエゲツない話は今までの勤め先で聞いたことがない。

同僚と自分たちの境遇について話す機会があった。彼は専門学校で建築士の勉強をしながら新聞配達をしていた。資格を取ったので、この月の終わりに新聞配達を辞め、実家に帰って仕事を継ぐのだと言っていた。
彼は言った。「新聞配達の仕事なんて、社会の底辺だよ。そう思わないか?」
僕はあいまいに笑った。今そう聞かれても、何と答えていいか分からない。精神科医だったら「あなたはそう思うんですね?」って聞き返すんだろうけど。
でも、「新聞配達は社会の底辺」という言葉は、もう一人の新聞配達員からも、別の新聞配達経験者からも聞いた。なんだってんだ、職に貴賎はないんじゃないのか、僕はそう思ったものだ。

1ヶ月たった頃、店長から、新聞の勧誘に回るように暗に言われた。販促は朝の新聞配達後に、洗剤やビール券を持って各家を回るヤツだ。マジメにやると時間ばかりとられる割りに身入りがよくないし、かと言って販促をやらずに配達所に残ってると店長にどやされる。だから、賢い配達員は販促をするふりして、その時間はパチンコに行っている。unbelievable!
僕は思った。おいおい、このままじゃ受験に失敗しちまうぜ。これじゃあ何のために仕事を辞めたのか分かりゃしない。

僕は新聞配達を辞めることにした。
それを伝えたとき、店長は激怒した。お前を雇うために、有望な別の就職希望者を断ったんだ。わざわざマンションまであてがってやったのに、表に出ろ、ぶんなぐってやる!
もう60にもなろうかという爺さんが外で僕と殴り合いだって?喧嘩は負ける気はしなかったけど(これでも格闘技経験者なので)、さすがにこれは僕の負けだ。勝っても負けても僕が悪者になってしまう。平謝りしてその場をしのぎ、そそくさと店を後にした。僕はあの世界ではきっとよそ者だったんだろう。中途半端に首をつっこんでしまったようで、あの店で真剣に働いている人たちに失礼なことをしたのだと、今でも申し訳なく思う。その後、親に頭を下げて借金をし、勉強を続け、今、ここにいる。

あの生活でも、安定した給料が入って、家があるだけまだマシだ。それでも、あの世界は、道が閉ざされていると思う。毎日仕事をしていても特別なスキルが身につく訳ではない。肉体労働だから身に堪える上に、代わりはいくらだっているのだから体調を壊しても休むわけにもいかない。給料が安定しているといっても決して高額でもない。その上、社会的な地位は決して高くないと感じる。日々背水の陣という状況は、そこで働いている人間にプレッシャーを与える。その重圧を癒すために、借金をして趣味にお金を使ったり、ギャンブルにのめり込む。そうして時間を浪費し、将来の教育への資金を目減りさせる。
この悪循環は、きっと上流階級にいる人間は分からないだろう。なんで浪費するのかなんて、上にいる人間にはきっと分からない。好きでもない仕事に日がな1日拘束されて、自分のスキルを磨くお金も時間もなく、そもそもどうすれば自分を向上できるかを教えてくれるような人脈もなく、挙句の果てに他人から下に見られるという屈辱。この心的重圧から一時でも逃れるために借金すること、ギャンブルにのめり込むことを、誰が責めることが出来ようか。

でも、貧困というのは、まさに人間をそういう悪循環に貶める。誰かが救いの手を伸ばさなければ、自力で抜け出すのはかなり難しいだろう。でも、為政者たちは2世議員だらけ、貧困が日本に存在することなんて想像も出来ないんじゃないだろうか。そういう人たちが、母子家庭への援助資金の財源縮小なんて政策をとっているのを見ると、日本の政策を任せて大丈夫なのかとつくづく不安になる。それに、どんなにお金を稼いでいても、今は世間の風向き一つでいきなりリストラに合ったりする世の中だ。他人事を決め込んで、自分が転落したときに騒いだって手遅れだと思うのだが。

『ワーキングプア』を読むと、静かに、でも確実に貧困層が日本で拡がっていることを感じる。その潮流を感じながら、明け方の新聞配達のバイクのエンジン音を聞くと、かつての自分の生活の記憶とも相まって、身震いを感じてしまうのである。



  1. 2008/03/28(金) 06:03:33|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンギンとワーキングプア

ばんじょーです、こんばんは。今は千葉の実家に戻ってるんだけど、やっぱり実家は落ち着きますね、ふ~。


以前、実習班員と話をしていたときのこと。普通に世間話をしてたんだけど、その人が振ってきた話題が
「そういえば、話は変わるけど、ばんじょーって」
ばんじょー「はい?」
班員「どのゴッドファーザーが好き?」
ばんじょー「えっ?」

うーん、さっきまでこの前の休みに家でゴロゴロしていたという話をしていた気がしたんだけど、ここでなぜゴッドファーザーが?
ばんじょー「え、えーっと、じゃあ、ロバート・デニーロかなぁ…。他の選択肢はあまりわからないんだけど」
班員「???」
も一度聞いてみると、どうやら班員は「どのことわざが好き?」と聞いてきたようで。こんな会話が成り立つ聞き間違いってあるもんなんだなぁ
。ちなみに僕の好きなことわざは「三年寝太郎」です。って、ことわざじゃなくてむしろ僕自身ですね、失礼しました。好きなのは「大器晩成」かなぁ。

そんな班員からよく聞かれたことが、「前に『ワーキングプア―日本を蝕む病(ポプラ社)』って本を買ってたでしょ。あれ、読んだの?」
僕は大学の生協でいろいろと本を注文してるんだけど、その本がおよそ医学生が読まないだろう本ばかり注文してるから、目だつんだろう。なんにせよ、気にかけてくれるのは嬉しいことですが、えへへ。以前『犯罪心理が面白いほどわかる本』なんて取り寄せたときは、クラスメートに「何それ、ばんじょーのことが書いてある本?」なんて聞かれたっけ(お返しに「君のことをもっとよく知りたくて買ったんだよ」って言い返したけど)。

で、先日『ワーキングプア』を読み終えた。日本がいかに格差社会になりつつあるか、社会の隅に押しやられた人々が救済されにくくなっているか、深く感じさせる本だと思う。貧困っていうのは、お金がないってだけじゃなくて、社会的なネットワーク網から振り落とされるってことなんだと感じさせる。

例えば、病気で倒れた父親を支えるために、大学をあきらめて病院食を作る職に就いた女の子の話。時給900円で働いて、時給を上げるために自学で調理師の免許を取ったんだけど、上がった時給が、たった10円。でもその地方では選ぶほど仕事がないし、都会に出るほどのまとまった金もない(1人暮らしをするためには、引越し代・敷金・礼金・家財を買い揃えるために何十万とかかるだろうからね)。そして、大学に行く時間もお金もなく、この仕事をやめたら次の仕事が見つかる保証もない。どこに出口があるんだろうか。

前にペンギンの生態を撮影したDVDを観たことがある。南極でペンギンが卵を抱きながら冬を越すときは、立った姿勢で何百匹と集まって寄り添って熱の放散を防ぐ。越冬の最中、輪の外側にいるペンギンが寒さにやられて死んでいく。そのシーンがクローズアップされている時に思ったのが、あぁ、輪の真ん中に入る力がなく端に追いやられた個体から死んでいくんだな。
『ワーキングプア』を読んでいて、ふとそのシーンを思い出した。目に見えるか見えないかの違いであって、社会的に力を持たない個人や集団は、地勢的にも、人間関係の繋がり的にも、共同体の辺縁に押しやられるんだと思う。そして、辺縁に行った人が、人間関係のネットワークを築き、格差社会の下層から抜け出るのがいかに難しいことか。

日々の生活の糧を得るのが精一杯の人が、教育を満足に受けることができず、仕事に追われて(仕事を探すことに追われて)貧困から抜け出るための情報を教えてくれるような人間関係を築くこともできず、そして貧困を繰り返す。これって、すごくつらいことだと思う。

政府の、もろもろの福祉政策に対する財源縮小策を見ていると、お上は「貧困層は自助努力が足りないから貧困から抜け出せないんだ」と考えてるみたいだ。でも、この「抜け出せない」感覚って、一度味わった人にしかわからないと思う。本当に、抜け出すのが難しいんだ。僕もほんの少しだけど、その感覚を味わったことがある。今でも、風呂なしですき間風が入る4畳半の部屋を思い出すと、全身の筋肉が少しこわばるのだ。

(つづく)
  1. 2008/03/19(水) 01:57:55|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。